寄り添うペット葬

通話料無料

24h
365日

0120-990-071

対応エリア一覧

対応エリア一覧

【東京都豊島区】池袋でペット火葬を探すときのポイント!ハムスターや犬、猫などの葬儀方法

長年連れ添ったペットが亡くなったとき、とても辛く、悲しみに溺れてしまうことかと思います。しかしいつまでも悲しんでいる余裕はありません。

ペットの遺体は、亡くなった時点で腐敗が進んでいるからです。少しでもきれいな状態でお別れをするには、迅速な対応が必要不可欠です。

本記事では東京都豊島区・池袋でペットが亡くなったときの、葬儀の依頼先から費用、そして業者選びのポイントまでを詳しく解説します。

ペットが亡くなったら火葬?それとも土葬?

ペットが亡くなったら火葬?それとも土葬?

家族同然に一緒に過ごしてきたペットが亡くなった時、亡くなったペットの遺体はどのように対応すればよいのでしょうか。

ひと昔前は、自宅の庭などにペットの遺体を土葬しているご家庭が一般的でした。しかし現代では、土地の問題や近隣トラブル抑止、衛生上の観点などからペット火葬が主流となっています。

もちろん土葬がいけないわけではありません。私有地に埋葬するのは何ら問題はありません。しかし私有地以外にペットの遺体を埋葬した場合は、一般破棄物の不法投棄とみなされ、5年以下の懲役または1,000万円以下の罰金、もしくはその両方が科される可能性があるので注意が必要です。

【関連記事】 ペットの遺体を土葬するのは法律違反になる!?後悔しないために知っておくべきこと

ペット火葬は合同と個別の2種類から選択

ペットの遺体を火葬する方法として、合同火葬と個別火葬の2種類から選択する必要があります。

合同火葬は、他の亡くなったペットたちの遺体と一緒に火葬される方法です。火葬後は、合同墓地に埋葬されることが一般的です。そのため個々で遺骨の返却は行われていません。

個別火葬に関しては、一頭一頭個々に火葬される方法です。また個別火葬には個別一任火葬と個別立会火葬に分かれており、違いは業者に火葬から収骨までを依頼するか、もしくは一連の流れに飼い主さんも立ち会うかを選択することができます。

ハムスターなどの小動物も火葬は可能か?

ハムスターなどの小動物も火葬は可能か?

体の小さいハムスターやモルモットなどの小動物は火葬が可能なのでしょうか。答えは「YES」。

実際には、ペットの種類やサイズによって施設や業者によって扱いが異なる場合がありますが、一般的には小動物の火葬も行われています。ただし火葬を行う際は、適切な手続きや条件を確認する必要があります。また、火葬後の遺骨の取り扱いや供養方法についても考慮することが大切です。

そのためペットの火葬を検討する場合は、信頼できる施設や業者に相談することをおすすめします。

火葬した後の骨は残るのか

ハムスターなどの小動物の遺体を火葬した場合、一般的にはお骨が残ります。火葬炉で高温で焼かれるものの、骨は燃えにくい性質を持っているため、一部残ることがあります。

火葬後の残った骨は、冷却してから粉砕され、遺骨として飼い主さんに返されます。これらの遺骨は小さな骨片になっているので、飼い主さんはそれを保存したり、供養したりすることができます。

ただし火葬の方法や施設によって、遺骨の取り扱い方法が異なることがあります。火葬を依頼する際は詳細を必ず確認しましょう。

【関連記事】 ハムスターが亡くなったらどうする?死亡確認や火葬方法について

愛犬が亡くなったら必ず死亡届の提出が必要

愛犬が亡くなったら必ず死亡届の提出が必要

飼い犬の登録を行っている場合は、必ず死亡から30日以内に死亡届の提出を行ってください。

マイクロチップを搭載し、環境省のサイトで登録を行っている飼い犬については、環境省のサイトにて死亡届の提出を行ってください。

マイクロチップ未搭載の飼い犬については、池袋保健所窓口で死亡届の受付を行っています。直接来訪していただいても構いませんし、お電話や電子申請でも受付を行っています。

もしも愛犬の死亡届の申請を行わなかった場合は、最大20万円の罰金が発生しますのでご注意ください。

ちなみに飼い猫やその他ペットに関しては、死亡届の申請は不要です。

【関連記事】 犬の葬儀費用はいくら?必要な手続きから火葬方法について

ペット火葬はどこに依頼する?依頼先のメリットとデメリット

ペット火葬はどこに依頼する?依頼先のメリットとデメリット

東京都豊島区でペット火葬を依頼する場合、どこに依頼すればよいのでしょうか。また依頼先によってどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

自治体(豊島区役所)

東京都豊島区役所では、亡くなったペットの遺体を有料で引き取りを行っています。引き取り先は豊島清掃事務所となり、1頭につき2,500円(体重25kg以下)です。

火葬方法は合同火葬で執り行われ、火葬された遺骨は合同埋葬されます。そのため、遺骨の返骨は行っていませんので、注意が必要です。

  • メリット
    ・費用が安価
  • デメリット
    ・遺骨の返骨ができない

ペット霊園、寺院

ペット霊園では、ペット葬儀全般を執り行っています。そのため、火葬から納骨までの一連の流れを一箇所で行うことができます。なかには葬儀にお経を読み上げてくれるところや、ペットの名前を読み上げてくれるところもあります。

さらにペット霊園では希望すれば、ペット専用のお墓を建てることもできます。将来的には一緒のお墓に入ることも可能なところもあります。ただし、お墓を建てるということは、毎年の供養料や安置料などのお墓の維持費が発生しますので、家族間でよく話し合う必要があります。

  • メリット
    ・一箇所で葬儀ができる(火葬から納骨まで)
    ・サービスが充実している
  • デメリット
    ・費用が高額になりがち

訪問ペット火葬(ペット葬儀会社)

訪問ペット火葬は、ペットのご遺体の火葬を執り行うサービスです。火葬炉を搭載した専門の車でご自宅やご希望の場所にスタッフが訪問し、その場で火葬から収骨までを執り行ってくれます。

基本的には小動物から大型犬まで対応しているところがほとんどですが、なかには火葬炉の関係で対応できないペットもいる場合もあります。そのため、事前に依頼するペットの大きさを伝えた上で対応が可能かを確認しましょう。

  • メリット
    ・自宅でお別れができる
    ・移動する必要がない
  • デメリット
    ・対応できない場合がある
    ・供養は飼い主さんが行う必要がある

東京都豊島区でペット葬儀をする場合の費用について

東京都豊島区でペット葬儀をする場合の費用について

東京都豊島区でペット葬儀を依頼する場合、火葬費用はどれくらいかかるのでしょうか。下記は、ペット火葬を依頼した際の平均費用を算出したものです。

火葬方法ハムスター
ペット霊園、
寺院
個別一任火葬¥24,436~¥15,830~
個別立会火葬¥44,936~¥45,507~¥27,950~
合同火葬¥16,250~¥17,250~¥11,040~
訪問ペット火葬個別一任火葬¥26,840~¥14,580~
個別立会火葬¥32,820~¥18,480~
合同火葬¥22,420~¥9,710~
自治体合同火葬¥3,000(25kg未満)

※税込価格
※上記費用は、各種火葬方法の料金を平均で算出したものです。ペットの種類や大きさによって金額は変わりますし、各葬儀会社によっても料金が前後してきます。あくまで目安としてお考えください。

費用を少しでも抑えたい場合は、自治体(豊島区役所)に依頼するのが経済的な選択肢といえるでしょう。ただし自治体に依頼した場合、ペットとの最後のお別れをきちんと行うことができなかったり、遺骨を返してもらうことが難しかったりするため、後から「もっときちんと供養してあげればよかった…」と後悔してしまうかもしれません。

少しでも「ちゃんと供養してあげたい」とお考えであるのなら、費用は多少かかってしまいますが、ペット霊園や訪問ペット火葬を検討することをおすすめします。

ただし、予算オーバーしてしまうと、後々飼い主さんが大変になってしまいますので、あくまでも予算内で行える依頼先を検討するようにしてくださいね。

東京都豊島区・池袋でペット葬儀を探すときに抑えておくべきポイント

東京都豊島区・池袋でペット葬儀を探すときに抑えておくべきポイント

東京都豊島区でペット葬儀会社を探す際、どのような点に気を付けるべきでしょうか。ここでは豊島区・池袋でペット葬儀を探すときに抑えておくべきポイント5つをご紹介します。

信頼性と評判

インターネット上で、葬儀施設のウェブサイトや口コミサイトを活用し、他の飼い主さんからの評価や感想を確認しましょう。このとき、各葬儀会社が提供するサービスやスタッフの対応について、良い評判や悪い評判があるかをチェックします。

信頼度の高い葬儀会社であれば口コミでの評価も高いですし、獣医師などの動物関連の関係者からの推薦を受けていることもあります。

サービスの質

ペット葬儀の形式やプラン内容によっては、さまざまな選択肢があります。例えば火葬のみや火葬後の遺骨のお預かりサービス、セレモニーの有無などです。

ご自身が求めているサービスを提供しているか、また追加オプションがあるかどうかを確認しましょう。

設備の充実さ

施設の清潔さはもちろんのこと、設備や火葬炉を搭載する車のスペックなどが整っているかは重要です。清潔な環境であれば、ペットとの最後のお別れも大切に贈ることができますし、設備が充実していればその分丁寧に扱ってくれます。

またペット葬儀をする際のアクセスの良さも考慮しましょう。特に移動が難しい場合は、近場の施設を選んだり、訪問ペット火葬を依頼したりすることをおすすめします。

スタッフの対応

ペット葬儀を依頼する際、電話で問い合わせをすることが多いかと思います。そのとき対応するスタッフが親切で丁寧な対応をしてくれるか確認しましょう。心に寄り添った姿勢や、亡くなったペットに対する敬意が感じられるかも重要なポイントです。

少しでも「対応がよくなかったな」と感じるようであれば、他の葬儀会社を選ぶことをおすすめします。

費用の明確化

各葬儀会社では葬儀費用の見積もりを出してくれます。このとき、明確な見積もりを提示してくれる葬儀会社かをチェックしましょう。あとから追加料金が発生したり、よく分からない料金が発生したりしていないかなどもきちんと確認してください。

そして、ご自身が希望する予算内でサービスを受けることが可能かどうかも合わせて確認しましょう。また支払い方法や、キャンセルした際のキャンセル料なども事前に確認しておくと安心ですよ。

まとめ

【東京都豊島区】池袋でペット火葬を探すときのポイント!まとめ

本記事では、東京都豊島区・池袋でペット葬儀を執り行う場合、火葬までの供養方法や手続き、葬儀会社を選ぶときのポイントについて解説しました。

どのようなペット葬儀を行うかを決めるのは、飼い主の皆さまの意向によって変わってきますが、何よりも大切なのは「後悔のないお別れをする」ことです。

よりそうペット葬では、飼い主の皆さまが後悔なく笑顔で愛するペットとお別れができるように、最適なプランをご提案させていただきます。

24時間365日、専任のスタッフが皆さまからのご質問やご依頼等をお待ちしております。些細なことでも構いません。ペット葬儀に関することなら、いつでもご連絡ください。もちろん、相談料・見積りは無料ですのでご安心くださいね。

飼い主の皆さまからのご連絡を心よりお待ちしております。

お客様の声

  • 細やかな気配りをありがとうございました

    細やかな気配りをありがとうございました

    忙しい時期でありながらこちらの希望を聞いてくださり、大変感謝しております。 四十九日にもご丁寧にお手紙をいただき、細やかな気配りに感心いたしました。 また機会あれば、お世話になりたいと思っております。 ありがとうございました。 [続きを読む]

ペット葬儀に関するコラム

  • ペットの遺体を土葬するのは法律違反になる!?後悔しないために知っておくべきこと

    ペットの遺体を土葬するのは法律違反になる!?後悔しないために知っておくべきこと

    家族の一員であったペットが亡くなったとき「火葬は可哀想」「自然にありのままの姿に還してあげたい」と思う方も少なくないでしょう。 その場合、自宅のお庭などに埋める『土葬』という埋葬方法があります。ひと昔前では、ペットの遺体を土葬するのは当たり前だったという地域もあるかもしれません。 しかし遺体の火葬が一般的な現代の日本において、ペットの遺体を土葬するのは問題ないのでしょうか。 本記事では、ペットの土葬における注意点から正しい埋葬方法、風水的における土葬の考えまで詳しくご紹介します。 ペットの遺体を土葬してもいいのか 結論としては、ペットの遺体を土葬しても問題はありません。ただしそれはご自宅のお庭 [続きを読む]

  • 亀が亡くなったら火葬はできるのか?火葬から埋葬方法について

    亀が亡くなったら火葬はできるのか?火葬から埋葬方法について

    ゆっくりとのんびり動く亀。 その姿にたくさん癒された飼い主さんも多いのではないでしょうか。 亀の平均寿命は約20~30年といわれており、一般的なペットよりも長寿として知られています。なかには40年ちかく生きる個体もあり、一緒に生活を共にする家族としては最適といえるでしょう。 しかし亀もいつかは死にます。そのときどのようなお別れ方法を行いたいですか? 本記事では亀が亡くなった際の安置方法から、葬儀や供養方法、また火葬後に甲羅が残るのかなどの疑問までを詳しくご紹介します。 亀が亡くなる前兆に起こす行動 亀が亡くなる前兆には、以下のような行動が見られることがあります。 ・食欲の低下 いつもに比べて食 [続きを読む]

  • ペットの最期を迎えるとき~終活の大切さと心の準備~

    ペットの最期を迎えるとき~終活の大切さと心の準備~

    皆さんは「終活」をしていますか? 終活は、始めるタイミングや年齢に決まりはありません。ご自身が元気なうちに終活の情報収集を行うことで、遺された家族や周囲の人に迷惑をかけずに済みますし、なによりも自分自身のために行う前向きな活動の一つとなります。 それはペットの終活でも同じことがいえます。ペットが生涯「幸せだった」と思ってもらうためにも、ペットの最期をどのようにすべきか事前に考えておくことが飼い主さんの役目でもあります。 ここではペットの最期を迎える上で準備すべきことから、心構えまでご紹介します。 終活とは「人生の終わりのための活動」 最近よく耳にする『終活』という言葉は「人生の終わりのための活 [続きを読む]

  • 爬虫類(ヘビ・トカゲ・カメ)が死んだら?火葬後の骨は残る?ペット火葬について

    爬虫類(ヘビ・トカゲ・カメ)が死んだら?火葬後の骨は残る?ペット火葬について

    ヘビやトカゲ、カメなどの爬虫類が亡くなったとき、爬虫類愛好家の飼い主さんたちにとっても、火葬や供養について疑問を抱くことがあるかと思います。 そもそも犬や猫と同じように、爬虫類も火葬をすることは可能なのでしょうか。また、他の供養方法や遺体の安置方法にはどのような選択肢があるのでしょうか。 本記事では爬虫類の火葬方法から、亡くなったときの安置方法、火葬後の疑問までを詳しくご紹介します。 愛するペットである爬虫類が亡くなったとき、不安にならずにすむようにぜひご参考になさってくださいね。 爬虫類(ヘビ・トカゲ・カメ)が死んだらどうすればいい? 爬虫類は、死後2時間〜24時間くらいから死後硬直が始まり [続きを読む]

ペット図鑑

    記事が見つかりませんでした。