寄り添うペット葬

通話料無料

24h
365日

0120-990-071

対応エリア一覧

対応エリア一覧

【東京都小平市】犬や猫、ハムスターの葬儀はどうする?ペットの火葬費用や対応方法について

家族同然の大好きなペットとのお別れはいつか必ず訪れるものであり、誰にとっても辛いものです。

本記事では、東京都小平市で犬や猫、ハムスターなどのペットを飼われている方に向けて、いつか訪れるペット葬儀について分かりやすく解説します。

大切なペットとの最後の時を迎えるその日に備えて、ペットの終活について考えてみませんか?

ペットが亡くなったときの安置方法について

ペットが亡くなったときの安置方法について

家族であるペットが亡くなったとき、ご遺体を適切な方法で処置する必要があります。動物は亡くなると死後硬直が始まり、腐敗が進むからです。

そのため、愛するペットと最後のお別れをなるべくきれいな状態で行うためにも、以下のことを遵守しながら丁寧に対応を行うことをおすすめします。

まずはペットのご遺体を整えます。筋肉が硬直して体が伸びきっている場合は、肢を優しく内側に折り曲げ、目が開いている場合はそっとまぶたを閉じてあげてください。もしこのときまぶたを閉じることができない場合は、ガーゼやハンカチで覆ってあげてください。

次に体液や排泄物が漏れないように、ご遺体をやさしく拭いてあげてください。その際、遺体を移動する場合は乱暴に扱わず、丁寧に優しく慎重に行ってください。

安置場所としては、涼しくて直射日光が当たらない場所を選びましょう。特に夏場は、エアコンを使用して室温を調整し、ペットの遺体周りに保冷剤やドライアイスを置いて冷やしてください。

ペット火葬は死後2~10日以内

ペットの火葬については、一般的に死後2〜10日以内に行われます。ただし、夏場や外傷や腫瘍がある場合は、3日以内に火葬することが推奨されています。

また遺体を10日以上保管すると、腐敗が進み臭いや見た目の悪化が進む可能性があるため、できるだけ早く火葬の準備を行いましょう。

ハムスターが死んだらどうすればいい?個人で火葬はできる?

ハムスターが死んだらどうすればいい?個人で火葬はできる?

ハムスターが亡くなった後、まずは適切な処置を行うことが大切です。ペットの遺体をきれいな状態でお別れをするためにも体を整え、体液や排泄物を拭き取り、涼しい場所に安置しましょう。

火葬は一般的に死後2〜10日以内に行われますが、夏場や特に外傷がある場合は1~2日以内、冬場は3日以内に行うことが推奨されます。

火葬の費用は様々であり、地域やサービス内容によって異なりますが、一般的には数千円から数万円程度となります。ハムスターのように小さな体の場合は、火葬費用は比較的安価な場合があります。

ハムスターなどの小動物は個人で火葬はできる?

体の小さいハムスターなどの小動物であれば、個人で火葬を執り行うことは可能なのでしょうか。

答えは「NO」。

どんなに小さい動物であっても、業者を通さずに個人間で火葬を執り行ってはいけません。法律上、動物の遺体は一般廃棄物に分類されています。そのため、敷地で一般廃棄物を焼却することは法律違反として罰せられる場合があります。

大切なペットとのお別れは、必ず業者を通すようにしましょう。

【関連記事】 ハムスターが亡くなったらどうする?死亡確認や火葬方法について

飼い犬の死亡届は死亡後30日以内

飼い犬の死亡届は死亡後30日以内

東京都小平市で飼い犬が亡くなった場合、死亡届の提出が必要です。提出先は、市役所4階の環境政策課や東部・西部出張所、動く市役所の4箇所です。

提出書類は、飼い犬の死亡届・犬の鑑札の2点になります。申請書記入時には、飼い犬の生年月日や鑑札番号が不明でも問題ありません。提出できるのは、飼い犬の所有者である飼い主さんのみになります。

窓口に来られない場合はFAX(042-346-9643)でも受付を行っていますので、必ず飼い犬が死亡後14日以内に提出をするようにしましょう。

もしも提出期日を守らず、申請をしないままでいると、狂犬病予防法という法律に抵触する恐れがあり、罰金20万円を支払わないといけなくなる恐れがありますので、必ず提出するようにしてください。

マイクロチップ搭載の犬猫は環境省に届出を

新しい規則が導入され、ペットにはマイクロチップの装着が必須となりました。この変更により、マイクロチップを装着したペットが亡くなった場合、環境省の「犬と猫のマイクロチップ情報登録」で死亡届をオンライン申請するか、郵送手続きが必要となります。

ただし飼い猫の場合は、死亡後30日を過ぎてからの提出でも問題ありませんが、飼い犬の場合は期限が定められています。忘れずに手続きを行いましょう。

【関連記事】 犬の葬儀費用はいくら?必要な手続きから火葬方法について

ペット火葬の種類

ペット火葬の種類

ペットの火葬を行う上で、主に合同火葬と個別火葬の2つの方法があります。

合同火葬は、複数のペットを同時に火葬する方法であり、ペット霊園や専門の葬儀業者で提供されています。複数のペットを一度に火葬炉に入れて処理するため、費用を抑えることができる一方で、遺骨の返骨ができない場合があります。このため、個別性や遺骨の返骨を望む飼い主さんには向いていないかもしれません。

個別火葬には、個別一任火葬と個別立会火葬の2つの方法があります。個別一任火葬では、飼い主さんがペットの遺体を火葬施設に預け、後日または当日に遺骨を受け取ることができます。

一方、個別立会火葬では、飼い主さんが火葬施設に立ち会い、ペットの火葬を目の前で見届けることができます。この方法では、飼い主さんがペットとの最後の時間を共有し、心の整理をすることができるとされています。

個別火葬は、ペットとの絆を大切にする飼い主さんにとって重要な選択肢の一つであり、飼い主さんの希望に応じて選択することが可能です。

小平市でペット火葬を依頼するところ

小平市でペット火葬を依頼するところ

小平市は資源循環課管理担当(自治体)

東京都小平市では、原則としてペットが亡くなったらご自身で民間業者に依頼をお願いしています。ただしどうしてもご自身で対応ができない場合に限り、小平市リサイクルセンターの資源循環管理担当で有償(1体につき2,600円)にて対応を行ってくれます。 ※1

ただし自治体の場合、多くは合同火葬・合同埋葬で執り行われるため、遺骨の返却を希望することができません。

費用は最も安価で依頼することはできますが、最終手段の一つとして考えておくのが適切といえるでしょう。

※1.小平市廃棄物の減量及び処理に関する条例

ペット霊園や寺院

ペット霊園は、火葬から納骨までの一連の葬儀サービスを提供し、ペットとのお別れを丁寧に執り行っています。

一部の施設では、宗教的な兼ね合いも考慮された葬儀が行われることもあり、お経を読み上げてくれるなど、ペットとのお別れを心から捧げるためのサポートが充実しています。

しかし、これらの充実したサービスを提供するためには、施設の維持費などがかかるため、葬儀費用は一般的に高めに設定されています。また、ペットのお墓を建てる場合は、墓石代はもちろんのこと、毎年の供養料や安置料がかかることも考慮すべきといえるでしょう。

  • 【こんな飼い主さん向け】
    ・ペットに対して手厚い葬儀を行いたい
    ・一箇所で葬儀を行いたい
  • 【不向きな方】
    ・費用重視の方

ペット訪問火葬

訪問ペット火葬では、火葬炉を搭載した特殊車両が依頼先のご自宅や指定された場所に訪れ、葬儀スタッフがペットの遺体の火葬を行います。そのため、ご自宅でゆっくりとお別れを希望する方に最適なサービスです。

またこのサービスでは、住宅密集地などでの配慮も考慮され、迷惑にならない場所まで移動して火葬を行うことができます。さらに、希望があれば火葬場所を指定することも可能であり、ペットとの思い出の場所での火葬を行うこともできます。

火葬時間については各業者によって変わりますが、約30分〜2時間になります。長時間拘束されることがないため、飼い主さんの負担が少なく済むのもメリットの一つです。ただし業者によっては、大型犬に対応していないところも一部あるようです。

念のため依頼する際は、ペットの大きさを伝えた上で対応可能か確認することをおすすめします。

  • 【こんな飼い主さん向け】
    ・自宅で葬儀を行いたい
    ・遠方に出向くことが難しい高齢の方や、身体の不自由な方
    ・葬儀の時間が中々取れない方
  • 【不向きな方】
    ・住居や周囲の環境が許可しない場合

小平市でペット葬儀をする際、火葬費用はどのくらい?

小平市でペット葬儀をする際、火葬費用はどのくらい?

東京都小平市でペット火葬を検討しているのであれば、各依頼先の平均費用を知ることが大切です。以下は、それぞれの依頼先における火葬費用の平均を出したものです。

火葬方法ハムスター
自治体合同火葬¥2,600
ペット霊園、
寺院
個別一任火葬¥24,436~¥15,830~
個別立会火葬¥44,936~¥45,507~¥27,950~
合同火葬¥16,250~¥17,250~¥11,040~
訪問ペット火葬個別一任火葬¥26,840~¥14,580~
個別立会火葬¥32,820~¥18,480~
合同火葬¥22,420~¥9,710~

※税込価格
※上記費用は、各種火葬方法の料金を平均で算出したものです。ペットの種類や大きさによって金額は変わりますし、各葬儀会社によっても料金が前後してきます。あくまで目安としてお考えください。

価格重視で考えるのであれば、小平市にある資源循環管理担当宛に依頼するのが、一番費用を抑えることができます。ただしどうしてもご自身で対応ができない場合に限りますし、遺骨の返却ができかねるため、候補の一つとして考えるのは控えるべきといえます。

それでも費用重視でというのであれば、自治体以外での合同火葬をおすすめします。ペットの大きさによって費用は変わってきますが、個別火葬よりも費用をグッと抑えることが可能です。

費用は自治体よりは上がってしまいますが、丁寧な葬儀やペットとの最後の時間を大切にしたいと考えている飼い主さんであれば、ペット霊園や寺院、訪問ペット火葬で検討することをおすすめします。ペットとのお別れをきちんと行うことができますし、ペットに対して感謝の気持ちをしっかりと伝えることができるからです。

ただしこれらのサービスは、自治体に比べて費用が高くなる傾向があります。予算オーバーになってしまっては、今後の生活面にも影響してきてしまう恐れもありますので、ご自身に合った費用で検討するようにしましょう。

ペット葬儀を依頼するときに抑えるべきポイント

ペット葬儀を依頼するときに抑えるべきポイント

ペット葬儀を依頼する際、できれば火葬費用が良心的で丁寧な対応をしてくれる業者を選びたいですよね。

「ここに依頼してよかった」と思える業者を探す上で抑えておきたいポイントとしては、まず第一に、信頼のおける業者なのかをきちんと確認することです。インターネット上に書かれている口コミや評判だけではなく、業者のウエブサイトやパンプレットなどを確認し、実績やサービスの内容を確認しましょう。

またご自身の周りでペット葬儀業者を依頼したことのある方に、費用面や対応はどうだったか聞くのも一つの参考になるかと思います。

さらに電話での問い合わせ対応もチェックしましょう。プラン内容や火葬料金の説明があったか、追加オプションについても漏れなく説明があったか、見積りを出してくれるかなども細かくチェックします。その際、スタッフの対応が丁寧であったかどうかも、良心的な業者か見極める判断材料になりますよ。

まとめ

【東京都小平市】犬や猫、ハムスターの葬儀はどうする?まとめ

本記事では小平市で犬や猫、ハムスターなどのペットが亡くなったときの対応方法から葬儀の依頼先、火葬費用、業者を選ぶ上でのポイントについてご説明しました。

どのような業者を選ぶのか、どのような葬儀にしたいのかの最終決断は飼い主であるあなたが決めることです。ただ何より忘れてはいけないことは、あなた自身が納得のいく葬儀を行えるかです。

「あのときもっとこうしてあげていれば…」と後悔してしまう葬儀では、ペットも安心して虹の橋を渡ることができません。なによりもペットは飼い主さんが幸せであってほしいと願っています。だからこそ、後悔することのない葬儀を選んでいただけたらと思います。

よりそうペット葬では、ペット葬儀に関する些細な疑問からお悩みごと、さらには費用面のご相談や見積り依頼まで全て専任スタッフが24時間365日対応を行っております。もちろん相談料・お見積り料は無料ですので、お気軽にご相談いただければと思います。

少しでも飼い主さんのお力になれればと思っておりますので、お客さまにとってどの方法が最も納得のいくペット葬儀になるのか一緒に考えさせていただけたら幸いです。

お客様の声

  • 細やかな気配りをありがとうございました

    細やかな気配りをありがとうございました

    忙しい時期でありながらこちらの希望を聞いてくださり、大変感謝しております。 四十九日にもご丁寧にお手紙をいただき、細やかな気配りに感心いたしました。 また機会あれば、お世話になりたいと思っております。 ありがとうございました。 [続きを読む]

ペット葬儀に関するコラム

  • 【ペットとの最後のお別れ】ペット葬儀の流れと手順を解説

    【ペットとの最後のお別れ】ペット葬儀の流れと手順を解説

    愛するペットが私たちの生活から去るとき、その喪失は家族全体に深い悲しみをもたらします。 ペットは家族の一員であり、彼らがこの世を去るということは、私たちにとって非常に辛い体験です。 この悲しみと別れの時に、私たちは彼らに最高の敬意を払い、尊厳のある送りをしたいと願うものです。そのためにはまず、ペット葬儀の準備と手順を理解することが重要です。 本記事では、ペット葬儀の流れと手順について詳しく解説します。いつかは必ず訪れるこの時のために、心構えの一つとして覚えておくとよいですよ。 ペット葬儀の選択肢を考える 愛するペットが私たちの生活から去るとき、その喪失は家族全体に深い悲しみをもたらします。 ペ [続きを読む]

  • ペットの最期を迎えるとき~終活の大切さと心の準備~

    ペットの最期を迎えるとき~終活の大切さと心の準備~

    皆さんは「終活」をしていますか? 終活は、始めるタイミングや年齢に決まりはありません。ご自身が元気なうちに終活の情報収集を行うことで、遺された家族や周囲の人に迷惑をかけずに済みますし、なによりも自分自身のために行う前向きな活動の一つとなります。 それはペットの終活でも同じことがいえます。ペットが生涯「幸せだった」と思ってもらうためにも、ペットの最期をどのようにすべきか事前に考えておくことが飼い主さんの役目でもあります。 ここではペットの最期を迎える上で準備すべきことから、心構えまでご紹介します。 終活とは「人生の終わりのための活動」 最近よく耳にする『終活』という言葉は「人生の終わりのための活 [続きを読む]

  • ペットの法要は必要?四十九日の過ごし方から準備すべきものについて

    ペットの法要は必要?四十九日の過ごし方から準備すべきものについて

    人が亡くなったときには、多くの場合通夜や葬儀、初七日、四十九日、一周忌など、さまざまな法要が行われます。 ではペットの場合、人と同じように法要を行うべきなのでしょうか。本記事ではペットにも法要は必要なのか、もしも四十九日の法要を行う場合はどのように行えばよいのか解説します。 法要ってなに?ペットの四十九日とは? 法要とは亡くなった方の冥福を祈り、供養を行う仏教の儀式の一つであり、さまざまな種類が存在します。 法要の種類 法要にはさまざまな種類があるため、全ての法要を行うことが難しい場合は、特に重視される法要以外を省略しても問題ないとされています。では、どのような法要があるのでしょうか。 法要の [続きを読む]

  • ペットの遺骨をみんなはどうしてる?自宅保管や納骨などの選択肢について

    ペットの遺骨をみんなはどうしてる?自宅保管や納骨などの選択肢について

    ペットの死は飼い主さんにとっても、そしてご家族にとっても非常に辛く、しばらくの間は悲しみに暮れることもあるでしょう。 『時間が解決する』という言葉があるように、気持ちが落ち着いてきた頃に「きちんとペットを供養してあげたい」「火葬後の遺骨はどうしたらよいのだろう?」といった悩みがでてくるかもしれません。 本記事では、ペットの火葬後の遺骨をどのように供養したらいいのか、その方法についてまとめました。 どの方法がご自身とペットにとって一番ベストか、ぜひご参考にしてみてください。 ペットの供養方法 一般的なペットの供養方法としては、次のような方法があげられます。 ●お墓に納骨する ペット霊園や寺院に、 [続きを読む]

ペット図鑑

    記事が見つかりませんでした。