寄り添うペット葬

通話料無料

24h
365日

0120-990-071

対応エリア一覧

対応エリア一覧

【東京都武蔵野市】ペットが死んだらなにをすればいい?火葬はいつおこなうべき?

ペットが天国に旅立ってしまったとき、悲しみでなにも手がつかなくなってしまいますよね。しかしいつまでも悲しんでいられないのが現実…なるべく早く火葬の手続きを行い、きれいな状態でペットとお別れをする必要があります。

しかし、どのようにペット葬儀を行えばいいのか分からない方も多いのではないでしょうか。

本記事では、東京都武蔵野市でペットが亡くなった際の安置方法から、ペット葬儀に関する疑問点まで分かりやすく解説します。

ペットが死んだときすること

ペットが死んだときすること

ペットの死亡が確認されたら葬儀を行うまでの間、ペットの遺体を安置する必要があります。

安置方法について

ペットの死亡が確認されたら、適切な処置を行うことが必要不可欠です。動物は亡くなると死後硬直が始まり、腐敗が進行します。そのため清潔な状態で最後のお別れをすることが重要です。

まずペットの遺体を整えます。体が硬直している場合は、肢を優しく内側に折り曲げ、目が開いている場合はそっとまぶたを閉じます。まぶたを閉じることができない場合は、ガーゼやハンカチで覆ってあげましょう。

次に体液や排泄物が漏れ出してしまわないように、遺体をやさしく拭きます。このとき遺体を移動する場合は決して乱暴に扱わず、優しく慎重に行ってください。

また遺体の安置場所については、直射日光が当たらない涼しい場所を選びましょう。特に夏場は、エアコンを使用して室温を調整し、ペットの遺体周りに保冷剤やドライアイスを配置して冷やしてください。

ペットの最後の時間を清潔で穏やかな状態で過ごすことができれば、最高の供養となりますよ。

ペット火葬の目安

ペットの火葬については、一般的には死後2〜10日以内に行われることが推奨されています。ただし夏場や外傷、腫瘍がある場合は、3日以内に火葬することが望ましいといえます。理由としては、遺体を長期間保管すると腐敗が進み、臭いや見た目の悪化が進む可能性があるからです。

愛するペットが亡くなったら、できるだけ早く火葬の準備を行うように進めてくださいね。

飼い犬は死亡届の提出をする必要がある

飼い犬が亡くなった場合は、死亡後30日以内に死亡届の提出が必要となります。その理由は「狂犬病予防法」という法律で定められているからです。もしも期限内に提出をしなかった場合は、罰金20万円が科せられる可能性がありますので、忘れずに行いましょう。

東京都武蔵野市で登録している飼い犬の場合は、武蔵野市役所の窓口で「飼い犬の死亡届の提出」の手続きを行ってください。受付窓口は以下の3つになります。

・市役所環境政策課(電話での受付も行っています)
・各市政センター
・武蔵野三鷹獣医師会に加盟している動物病院

またメールでの申請も行っています。

マイクロチップ搭載の飼い犬や飼い猫に関しては、環境省の「犬と猫のマイクロチップ情報登録」で死亡届の提出が必要となります。手続き方法はオンライン、または郵送の手続きがあります。

【関連記事】 犬の葬儀費用はいくら?必要な手続きから火葬方法について

ハムスターなどの小動物の葬儀はどうなる?

ハムスターなどの小動物の葬儀はどうなる?

小動物のペット葬儀は、ペットが亡くなった後に適切な処置を行うことが大切です。

例えばハムスターが亡くなった場合、きれいな状態でお別れするためにも体を整え、体液や排泄物を拭き取ります。そして涼しい場所に安置してあげることが大切です。

火葬については一般的に死後2〜10日以内に行われますが、夏場や外傷がある場合は1〜2日以内、冬場は3日以内に行うことが推奨されます。

火葬の費用については、地域やサービス内容によって異なりますが、一般的には数千円から数万円程度です。小動物の場合体が小さいため火葬費用は比較的安価になることがあります。

個人で火葬は可能か

どんなに体の小さいペットであっても、個人で火葬を行うことは絶対にしてはいけません。法律上、動物の遺体は「一般廃棄物」に分類されるため、個人の敷地内で一般廃棄物を焼却することは、法律違反となります。

そのため必ず業者を通して火葬を執り行うようにしてください。

庭に埋葬するにはどうしたらよい?

ハムスターなどの小動物の遺体を庭に埋葬する場合は、ご自宅の日当たりの良い場所を選びましょう。このとき、自宅や私有地以外の場所に遺体を埋葬すると「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」に違反したとみなされ、処罰の対象となりますのでご注意ください。

次に適切な深さと大きさの穴を掘ります。一般的には、深さが数十cm〜数十cm以上が理想です。遺体を包むための生分解可能な包装材(例:バイオマスプラスチック製の袋)を用意し、遺体を包み、穴に優しく収めます。

遺体を埋めた後は上から土をかけて埋め、表面を整えます。必要に応じて、埋葬した場所に記念碑や植物を植え付けることもできます。

埋葬の際は、地域の法律や規制を遵守することが必要不可欠です。一部の地域では、ペットの埋葬に関する特定の規制がある場合がありますので、必ず事前に確認するようにしてくださいね。

ハムスターの平均葬儀費用

自治体などで合同火葬を依頼する場合は、数千円で火葬することが可能です。また個別火葬をお願いしたい場合は、民間業者に依頼することになります。

その際の金額は、火葬やお骨上げに立ち会うか立ち会わないかによって金額が異なりますが、立ち会わない場合は約15,000〜30,000円、立ち会い希望の場合は約17,000〜70,000円と業者によって金額が異なってきます。

また業者によってさまざまなオプションがあり、利用するとさらに費用がかかってきます。

【関連記事】 ハムスターが亡くなったらどうする?死亡確認や火葬方法について

ペット火葬の種類について

ペット火葬の種類について

ペット火葬には「合同火葬」と「個別火葬」の2種類あり、どちらかを選択する必要があります。

合同火葬の場合は、他のペットたちと一緒に同じ火葬炉で火葬され、納骨されます。そのため遺骨の返骨をすることができません。ただその分費用を抑えることは可能です。

個別火葬については、一匹一匹丁寧に火葬が行われるため、合同火葬よりも費用はかかります。また個別火葬の場合、火葬からお骨上げまでの立ち会いの有無を選択することができます。

立ち会いを希望しない場合は「個別一任火葬」となり、業者が責任を持って執り行います。立ち会いを希望する場合は「個別立会火葬」となり、火葬からお骨上げまで立ち会うことができます。ただしその分費用がかかりますので、ご家族でよく検討することをおすすめします。

武蔵野市の自治体では火葬処理を行っていない

武蔵野市の自治体では火葬処理を行っていない

ペットのご遺体を有償で引き取りを行ってくれる自治体が多い中、武蔵野市の場合は引き取りを行っていません。

ご自身で民間の動物霊園やペット葬儀業者に依頼をすることになります。

あくまでも武蔵野市で対応してくれるのは、飼い主さんが不明の動物の死体のみとなります。もしも道や公園などに飼い主不明の動物の死体があった場合は、武蔵野市の環境政策課(0422-60-1842)にご連絡をお願いします。

武蔵野市でペット火葬を依頼するには?

武蔵野市でペット火葬を依頼するには?

東京都武蔵野市では、自治体でペットの遺体の引き取りを行っていないため、民間業者に依頼することになります。

ペット霊園や寺院

ペット霊園や寺院の場合は、火葬から納骨までの一連の葬儀サービスの提供を行っており、ペットとのお別れを丁寧に行うことができます。

一部のペット霊園や寺院では、宗教的な要素も考慮された葬儀が行われ、お経を読み上げるなど心に寄り添ったサポートが行われることもあるようです。

ただし、これらのサービスは施設の維持費がかかるため、葬儀費用は高めに設定されることが一般的です。さらにペットのお墓を建てる際は墓石代や毎年の供養料、安置料などもかかってくるため、ご家族でよく検討する必要があります。

  • 【こんな飼い主さん向け】
    ・手厚い葬儀を行いたい
    ・一箇所で全て執り行いたい
  • 【不向きな方】
    費用をなるべく抑えたい

訪問ペット火葬

ペット火葬のサービスでは、火葬炉を搭載した特殊車両がご自宅や指定場所に訪れ、葬儀スタッフが丁寧にペットの遺体を火葬します。

このサービスは、ご自宅でお別れを希望する方にとって最適であり、住宅密集地などでの配慮も考慮されています。また移動中に近隣住民の方に迷惑がかからないように、配慮された場所で火葬を行うことも可能です。さらに火葬場所の指定も可能なので、ペットとの思い出の場所での火葬を行うこともできます。

火葬の所要時間は業者によって異なりますが、一般的には30分から2時間ほどです。長時間の拘束がないため、飼い主さんの負担が少なく、スムーズな手続きが可能です。

ただし、一部の業者の場合、大型犬に対応していないこともあるため、依頼する際はペットの大きさを伝えて対応が可能かを確認する必要があります。

  • 【こんな飼い主さん向け】
    ・葬儀を自宅で行いたい
    ・遠方に出向くことが難しい
    ・時間が取れない方
  • 【不向きな方】
    住居や周囲の環境に制限がある

武蔵野市でのペット葬儀(火葬費用)は平均いくら?

武蔵野市でのペット葬儀(火葬費用)は平均いくら?

東京都武蔵野市でペット火葬を民間業者に依頼した場合、どのくらいの費用がかかるのでしょうか。以下は各民間業者に依頼した際の平均費用をまとめたものです。

火葬方法
ペット霊園、
寺院
個別一任火葬¥24,436~
個別立会火葬¥44,936~¥45,507~
合同火葬¥16,250~¥17,250~
訪問ペット火葬個別一任火葬¥26,840~
個別立会火葬¥32,820~
合同火葬¥22,420~

※税込価格
※上記費用は、各種火葬方法の料金を平均で算出したものです。ペットの種類や大きさによって金額は変わりますし、各葬儀会社によっても料金が前後してきます。あくまで目安としてお考えください。

価格重視で費用を抑えたいのであれば、合同火葬が最も費用を抑えられる選択肢です。一般的には1万円以内で収まることもありますが、ペットの大きさや業者によって異なります。ただし遺骨の返骨ができないため、個別で供養をしたい場合には適していません。

遺骨の返骨希望、かつ費用を抑えたいのであれば「個別一任火葬」がおすすめです。費用は合同火葬よりも金額は上がってしまいますが、個別立会火葬に比べると費用を抑えることができます。

しかしこれらはあくまで平均費用であり、各業者によって金額が異なります。予算に合った業者を選ぶためにも、各業者のプランや料金表を確認し、見積もりを出してもらうことをおすすめします。

また火葬から収骨までの費用に加え、ペット専用のお墓や納骨堂での供養を希望する場合は、その分の料金や年間管理費用が発生します。ご家族間で永続的な管理や費用の支払いが可能かも話し合う必要があるといえるでしょう。

まとめ

【東京都武蔵野市】ペットが死んだらなにをすればいい?まとめ

本記事では、東京都武蔵野市でペットが亡くなったときの対応方法から、葬儀費用、依頼先について解説しました。

ペット葬儀の依頼先については、飼い主さんが最終的に選ぶことになりますが、なによりも大切なのは「飼い主さんにとって一番後悔しないお別れ方法」を選ぶことです。そのためにも慎重に検討し、どの方法が最も適切かを考えることが大切です。

『よりそうペット葬』では、24時間365日、専任スタッフがペット葬儀に関するお悩みやご依頼を受け付けています。

例えば「ペット葬儀はどう始めればいいのか」「夜遅くしか時間が取れない」といった内容でも気兼ねなくご相談ください。専任スタッフがお客さまに合った最適な葬儀内容をご提案させていただきます。

その際のご相談はもちろん無料ですし、お見積りも無料ですので安心してお問い合わせくださいね。皆さまからのご連絡を心よりお待ちしております。

お客様の声

  • 細やかな気配りをありがとうございました

    細やかな気配りをありがとうございました

    忙しい時期でありながらこちらの希望を聞いてくださり、大変感謝しております。 四十九日にもご丁寧にお手紙をいただき、細やかな気配りに感心いたしました。 また機会あれば、お世話になりたいと思っております。 ありがとうございました。 [続きを読む]

ペット葬儀に関するコラム

  • 猫のペット葬儀費用相場と火葬までにすること

    猫のペット葬儀費用相場と火葬までにすること

    愛猫との生活はかけがえのないひとときですよね。いつまでも続いて欲しいと願う一方、いつかはお別れのときがやってきます。 大切な愛猫には心から安らかに、そして安心して虹の橋を渡ってもらうためにも、残された飼い主さんがきちんと葬儀を執り行ってあげたいものです。 本記事では愛猫が亡くなったときまずすることから、ペット葬儀における費用相場、ペット葬儀業者を選ぶポイントについてご紹介します。 猫が亡くなったときにすること 愛猫が亡くなったときに真っ先にすることは「安置」です。大切な家族である愛猫が心安らかに眠れるように、丁寧に行いましょう。 まず最初に目を開けた状態であれば、静かに目を閉じてあげてください [続きを読む]

  • ペット葬儀は喪服不要で私服OK!マナーや持ち物のチェック

    ペット葬儀は喪服不要で私服OK!マナーや持ち物のチェック

    ペットを失ったとき、悲しみに包まれて対応策を考える余裕がないこともあります。しかし事前に服装やマナー、持ち物を確認して準備しておけば、火葬に参加する際も落ち着いて対応することができます。 本記事ではペット葬儀における服装やマナー、さらには持ち物についても分かりやすく解説。心から大切なペットをお見送りできるようにお手伝いさせていただきます。 ペット葬儀での服装はなにが正しい? ペット葬儀での適切な服装については、厳格な規則はありません。そのためどこで行うかによって服装を選ぶのが望ましいといえます。 それでもペット葬儀に関わらず、最低限のマナーというものがあります。それは「露出の高い服装は避けるべ [続きを読む]

  • ペットのお骨上げに関するマナーや注意点について

    ペットのお骨上げに関するマナーや注意点について

    ペットの葬儀でも、私たち人間と同じようにお骨上げをします。しかしそうは言っても、実際にどのように行われているのか、人間との違いはあるのかなど分からないことだらけかと思います。 本記事では、ペットのお骨上げに関するマナーや注意点などを詳しくご紹介します。 お骨上げは「火葬が主流の日本ならではの習わし」 お骨上げは「火葬後に箸でお骨を拾い、骨壺に納めること」を言います。主に親族や遺族などの縁のある人達によって箸で拾い上げられます。 これは収骨や拾骨と呼ばれ、火葬の歴史が飛鳥時代からある日本ならではの『習わし』でもあります。 骨上げでは材質や長さが異なる「違い箸」が使用され、材質は木製や竹製の物が一 [続きを読む]

  • 亀が亡くなったら火葬はできるのか?火葬から埋葬方法について

    亀が亡くなったら火葬はできるのか?火葬から埋葬方法について

    ゆっくりとのんびり動く亀。 その姿にたくさん癒された飼い主さんも多いのではないでしょうか。 亀の平均寿命は約20~30年といわれており、一般的なペットよりも長寿として知られています。なかには40年ちかく生きる個体もあり、一緒に生活を共にする家族としては最適といえるでしょう。 しかし亀もいつかは死にます。そのときどのようなお別れ方法を行いたいですか? 本記事では亀が亡くなった際の安置方法から、葬儀や供養方法、また火葬後に甲羅が残るのかなどの疑問までを詳しくご紹介します。 亀が亡くなる前兆に起こす行動 亀が亡くなる前兆には、以下のような行動が見られることがあります。 ・食欲の低下 いつもに比べて食 [続きを読む]

ペット図鑑

    記事が見つかりませんでした。