寄り添うペット葬

通話料無料

24h
365日

0120-990-071

対応エリア一覧

対応エリア一覧

【東京都東村山市】ペット葬儀はどこに依頼すればいい?葬儀内容から費用まで

東京都東村山市でペットが亡くなった際、どのような葬儀会社に依頼すればよいのか悩みますよね。

ペット葬儀を行う際の適切な業者選びや費用を検討するのは、飼い主さんにとって大変重要です。

本記事では、ペット葬儀の内容から費用まで分かりやすくご紹介します。

ペット葬儀は何をしてくれるのか

ペット葬儀は何をしてくれるのか

私たち人間と同じようにペットもお葬式をあげたいとお考えの場合、ペット専門のお葬式をあげてくれる業者を探す必要があります。

一般的なペットのお葬式では、火葬前にペットと過ごす時間を設けたり、式場の祭壇に安置してお経を唱えてもらったりします。一部のペット葬儀業者によっては、ご自宅までお迎えに上がり、旅立ちの儀式を行ってくれる場合もあります。

ただしこれらのサービスは、全ての葬儀会社で行われているわけではありません。ご自身がどのような葬儀を希望なのかをよく検討した上で、希望する葬儀を行ってくれる葬儀会社を探す必要があります。また全体の流れや所要時間も異なるため、事前に検討しておくことが重要です。

火葬ができるペットは決まっているの?

各ペット葬儀会社によってさまざまですが、一般的には犬や猫を始め、ウサギ、ハムスター、爬虫類、昆虫、熱帯魚などに対応しています。

ただし家畜として飼われている牛や豚、馬などはペット霊園での火葬を行うことができないので注意が必要です。

東村山市でペット葬儀(火葬)を依頼するには

東村山市でペット葬儀(火葬)を依頼するには

東京都東村山市でペット葬儀(火葬)を依頼する場合、どのようなところがあるのでしょうか。一般的に火葬が可能なのは、各自治体と民間企業に分かれます。

東村山市役所

東京都東村山市では、環境資源循環部廃棄物総務課にて亡くなったペットの引き取りを有償で行っています。

ご自宅まで引き取り希望の場合は、粗大ごみ・動物回収受付センターに連絡(電話:042-306-0912)すると、1体あたり5,200円で引き取ってくれます。また秋水園まで持ち込みの場合は、1体あたり2,500円で引き取りを行っています。

引き取りを行ったペットのご遺体は、府中市にある「慈恵院」で合同火葬から供養、埋葬まで行われます。そのため、遺骨の返骨はできませんので注意が必要です。

またこれらの対応は、年末年始を除く平日のみ(8:30〜17:30)となっていますので、日時に気をつけましょう。

  • 【こんな人におすすめ】
    ・費用重視
    ・遺骨の返却を希望しない
    ・平日の日中希望

ペット霊園・寺院

ペット霊園や寺院では、ペットの葬儀全般を執り行うことが可能です。火葬や収骨はもちろんのこと、お墓供養も行うことが可能です。また、供養の一環として、住職によるお経を読み上げてもらうこともできます。

人と同じような葬儀を希望する方は、ペット霊園や寺院で依頼すると良いでしょう。ただし、こうした施設に依頼すると、費用は一般的に高額になります。特にお墓や納骨堂供養を希望する場合は、その維持費も毎年発生してきます。

長い目で見て、金銭的に問題ないかなどをご家族で検討する必要があります。

  • 【こんな人におすすめ】
    ・人と同じように葬儀を執り行いたい
    ・将来的には一緒のお墓に入りたい
    ・一箇所で葬儀を行いたい

訪問ペット火葬

訪問ペット火葬は、ペット葬儀会社のスタッフが火葬炉を搭載した特殊車両でご依頼主の自宅や指定した場所まで訪問し、ペットのご遺体を丁寧に火葬してくれるサービスです。

多くの訪問ペット火葬業者が年中無休で受付を行っており、飼い主さんのご指定の日時に訪問してくれるため、日中時間が取れない方や遠方まで足を運べない方には大変便利です。

ただし訪問ペット火葬は、火葬までを執り行うサービスであり、供養は飼い主さんご自身で行う必要があります。また、業者によっては火葬炉のサイズの関係で対応できないペットのサイズがある場合もあります。

訪問ペット火葬業者に依頼する際は、事前にペットの大きさを伝えて対応の有無や訪問可能地域を確認することをおすすめします。

  • 【こんな人におすすめ】
    ・自宅で葬儀を行いたい
    ・遠方まで足を運ぶのが難しい
    ・時間を気にせずに依頼したい

東村山市でペット葬儀を依頼すると費用はどれくらいかかるのか

東村山市でペット葬儀を依頼すると費用はどれくらいかかるのか

東京都東村山市でペット葬儀を希望する場合、どのくらいの費用が発生するのでしょうか。下記は各依頼先に依頼したときの葬儀費用をまとめました。

火葬方法
自治体合同火葬¥2,500~5,200
ペット霊園、
寺院
個別一任火葬¥24,436~
個別立会火葬¥44,936~¥45,507~
合同火葬¥16,250~¥17,250~
訪問ペット火葬個別一任火葬¥26,840~
個別立会火葬¥32,820~
合同火葬¥22,420~

※税込価格
※上記費用は、各種火葬方法の料金を平均で算出したものです。ペットの種類や大きさによって金額は変わりますし、各葬儀会社によっても料金が前後してきます。あくまで目安としてお考えください。

なによりも価格を第一優先するのであれば、東村山市にある「秋水園」まで持ち込みをし、合同火葬を行ってもらうのが一番費用を抑えることができます。ただしこの場合、遺骨を返骨してもらうことができませんので、ご自身で供養を希望する方には不向きといえるでしょう。

「ペットとの最後のお別れはきちんと行ってあげたい」と希望する場合は、ペット霊園や寺院、訪問ペット火葬といった民間企業に依頼することをおすすめします。東村山市で一番近いペット霊園や寺院であれば、府中市の慈恵院に依頼することになるかと思います。

訪問ペット火葬に関しては、複数の葬儀会社から選択することが可能です。ご自身に合った業者を検討することをおすすめします。

ペット霊園や寺院、訪問ペット火葬の費用は、自治体依頼に比べると高額にはなりますが、ペットに対する感謝の気持ちを伝えることができますし、一つの区切りとしてつけることができるかと思います。

しかしながら、各ご家庭のお財布事情もあるかと思いますので、予算内で対応ができる葬儀会社を厳選し、納得のいく葬儀を執り行いましょう。

ペット火葬のルールと選択

ペット火葬のルールと選択

ペット火葬を希望する場合、さまざまなルールや選択する場面がおきます。ここではペット火葬におけるルールと選択について解説します。

火葬の選択肢について

ペット火葬には「合同火葬」と「個別火葬」の大きく分けて2種類あり、どちらで火葬を希望するのかあらかじめ決めておく必要があります。

合同火葬の場合、複数のペットが同じ火葬炉で火葬され、合同墓地に埋葬されることが一般的です。複数のペットを一度に火葬することから費用を抑えることが可能なため、経済的な理由で選ばれることもありますが、遺骨の返却ができない点に注意する必要があります。

一方個別火葬においてはペットの遺体を個別に火葬を行い、遺骨の返却も可能です。また個別火葬には個別一任火葬と個別立会火葬の2つの方法があり、火葬から遺骨の収骨までを業者に任せるか、立ち会いを希望するかを選ぶことができます。

火葬方法の選択は、飼い主さんの希望や状況によって異なりますので、慎重に検討してくださいね。

個人でペットの遺体を火葬してもよいのか

個人でペットの遺体を火葬することは、法律上禁止されています。ペットは法律上「物」として扱われるため、遺体は一般廃棄物に分類されます。

一般廃棄物を焼却処理するには、一般廃棄物処理基準(廃棄物処理法第6条の2第2項の規定)という規定があり、適切な施設や許可を受けた業者でないと焼却処理を行うことができません。

そのため個人でペットの遺体を焼却する行為は法律違反となりますので、絶対に行わないようにしてください。

ペット火葬に参列する場合のルールはある?

ペットの火葬は、人間の葬儀と違い厳密なルールは設けられていません。そのため絶対に喪服を着ないといけないというわけではありませんし、香典も必須というわけではありません。

ただし場所によってふさわしい服装があります。ペット霊園や寺院に出向く場合は、黒を貴重としたシンプルな洋服や喪服を着ていくとよいでしょう。

【関連記事】
ペット葬儀は喪服不要で私服OK!マナーや持ち物のチェック
ペットの葬儀には香典は必要?不要?お悔やみの贈り物の選び方について

葬儀までの間にすべきこと

葬儀までの間にすべきこと

ペット葬儀を行うまで、亡くなったペットの遺体はどのように対応すればよいのでしょうか。またペットが亡くなったとき、手続きなどは必要なのでしょうか。

ペットの遺体の安置方法

動物は死後、すぐに死後硬直が始まり腐敗が進んでいきます。自宅に10日以上保管してしまうと、異臭がしたり見た目が悪くなってきたりするので、なるべく保管は死後2〜10日以内が推奨されています。

葬儀までの保管方法としては以下の通りです。

1.ペットの遺体を整える

筋肉が硬直して体がピンと伸びてしまっている場合は肢を優しく内側に折り曲げてあげましょう。

2.瞳を閉じてあげる

目が開いている場合は、そっと閉じてあげてください。このときまぶたを閉じることが難しい場合は無理に閉じず、ハンカチやガーゼなどで覆ってあげてください。

3.身体を拭く

死後硬直が終わると、今度は体が緩み始め体液や排泄物が出てきます。体が汚れないようにするためにも、遺体を硬く絞ったタオルで優しく拭きあげてください。

4.ペット専用の棺や段ボールに安置

ペットのサイズに合った棺や段ボールに、大きめのタオルを敷きペットの遺体を寝かせます。遺体はとてもデリケートな状態ですので、移動させる際は乱暴に扱わず、丁寧に寝かせてあげてください。

5.直射日光が当たらない涼しい場所へ

遺体の安置場所は、直射日光が当たらない涼しいところにしましょう。そしてペットの遺体に保冷剤やドライアイスを敷き詰めてください。特に夏場は腐敗が早く進むため、エアコンの温度を低めに設定するようにしましょう。

死亡届の提出

飼い犬が死亡した場合は、死亡から30日以内に死亡届の提出が必要です。提出をしないと、狂犬病予防法という法律に反することになり、罰金20万円を支払うことになりますので注意が必要です。

提出先に関しては、東村山市で登録をしている場合、健康増進課に届出の提出を行います。その際の届出先は、健康増進課窓口、電話、電子申請でも可能です。

またマイクロチップを装着している飼い犬や飼い猫の場合は、環境省の「犬と猫のマイクロチップ情報登録」のサイトにてオンライン申請、または郵送での手続きが可能です。

【関連記事】 犬の葬儀費用はいくら?必要な手続きから火葬方法について

ペット葬儀会社を選ぶポイント

ペット葬儀会社を選ぶポイント

ペット葬儀会社を選ぶ際には、慎重に検討することが大切です。

まず信頼性を確認するためにも、インターネット上の口コミや評判だけでなく、業者の公式ウェブサイトやパンフレットをチェックしましょう。過去の実績や提供されるサービス内容が記載されていますので、詳しく記載がされているかチェックしましょう。

また身近な人からの体験談も貴重な情報源となりますので、家族や友人、ご近所の方に相談してみることもおすすめです。

さらに業者への電話での問い合わせも重要なポイントの一つです。問い合わせ窓口のスタッフの対応が丁寧であり、親切な説明や追加オプションについての詳細な説明があるかどうかを確認しましょう。

スタッフの対応が良いと感じることは、その業者が信頼できるかどうかの重要な指標となります。

まとめ

【東京都東村山市】ペット葬儀はどこに依頼すればいい?まとめ

本記事は東京都東村山市でペット葬儀の依頼する場所を始め、火葬費用やペット葬儀における注意点などについて解説しました。

ペット葬儀を行う際、葬儀費用を重視するのか、それとも葬儀内容を重視するのかの最終ジャッジは飼い主さんご自身が決めることです。ただ忘れてはいけないことは「後悔しないこと」です。

亡くなったペットの葬儀は1回しかありません。「あのときもっとこうしていれば…」と後悔だけが残ってしまっては、飼い主さんもペットも浮かばれません。後悔のない葬儀を実現するためにも、ご自身に合ったペット葬儀会社を選びましょう。

よりそうペット葬では、ペット葬儀に関する質問や疑問、費用のご相談やお見積り依頼まで24時間365日受付対応を行っています。専任のスタッフがお客さまのご希望に合わせた最適なプランをご提案させていただきますので、些細なことでもお気軽にご相談ください。

お客様の声

  • 細やかな気配りをありがとうございました

    細やかな気配りをありがとうございました

    忙しい時期でありながらこちらの希望を聞いてくださり、大変感謝しております。 四十九日にもご丁寧にお手紙をいただき、細やかな気配りに感心いたしました。 また機会あれば、お世話になりたいと思っております。 ありがとうございました。 [続きを読む]

ペット葬儀に関するコラム

  • インコなどの小鳥の葬儀はどうする?火葬?それとも埋める?対応方法について

    インコなどの小鳥の葬儀はどうする?火葬?それとも埋める?対応方法について

    カラフルな見た目に、ちょこちょこ動き回る姿はとても癒されますが、いつかはお別れをしなくてはいけない日がやってきます。 もしも大切な家族の一員である小鳥が亡くなったとき、飼い主であるあなたは葬儀をしますか?それともしませんか? 本記事ではインコなどの小鳥が亡くなった際の葬儀や対応方法について詳しくご紹介。いつか訪れるお別れの前に、愛する小鳥の終活準備を始めませんか? インコなどの小鳥が亡くなる前兆 愛鳥であるインコや他の小鳥は、亡くなる前にある前兆があるのはご存知でしょうか。 ここではどのような前兆があるのかご紹介します。 いつもより甘えてくる 普段以上に甘えん坊になることがあります。突然甘えて [続きを読む]

  • フェレットが死んだら土葬?それとも火葬?葬儀方法や費用面について解説

    フェレットが死んだら土葬?それとも火葬?葬儀方法や費用面について解説

    人懐っこくて愛らしいフェレット。 「クククククッ!」と嬉しそうに歩く姿は見ているだけで微笑ましく、私たちの心を癒してくれます。 そんなフェレットと共に過ごす時間は犬や猫よりも短く、心の準備ができないままお別れをすることになった方もいるかもしれません。 「あのときこうしてあげたら…」と後悔する前に、心の準備をしておきませんか? 本記事では、フェレットが亡くなったときの葬儀方法から費用面について詳しく解説します。 大好きなフェレットを看取る エキゾチックアニマルに属するフェレットの平均寿命は、約5〜11年といわれています。3〜4歳頃になると老年期に差し掛かり、その時期から腫瘍性疾患にかかる個体が多 [続きを読む]

  • ハムスターが亡くなったらどうする?死亡確認や火葬方法について

    ハムスターが亡くなったらどうする?死亡確認や火葬方法について

    一つひとつ仕草が可愛くて、ひまわりの種を口いっぱいに頬張る姿を見るたびに「クスッ」と思わず笑ってしまう、そんな可愛らしいハムスター。 いつまでも一緒にいたい気持ちはあっても、ハムスターの平均寿命は約2〜3年。他の動物と違って早くお別れが来てしまいます。 だからこそ、後悔のないお別れをするためにも、ハムスターの葬儀や火葬を行うための方法、かかる金額は事前に知っておきたいもの。 本記事では、ハムスターが亡くなったときの死亡確認方法から、供養方法、かかる金額までを詳しくご紹介します。 「大好きなハムスターが亡くなった…」このときにまず確認すること 「あれ…動いていない?」ハムスターの様子を見てみたら [続きを読む]

  • ペットの葬儀には香典は必要?不要?お悔やみの贈り物の選び方について

    ペットの葬儀には香典は必要?不要?お悔やみの贈り物の選び方について

    大切なペットを失ったときの喪失感や悲しみは、家族や愛する者にとって非常に深いものです。 その悲しみを共有し、故ペットへの最後のお別れをするためにも「ペット葬儀」が行われることがあります。 ここでは、ペット葬儀における香典や贈り物、そして適切な言葉についてまとめました。ぜひ参考にしてみてくださいね。 ペット葬儀に香典はいる?いらない?   香典は、お亡くなりになった人の霊前に供える金銭や品物のことをいいます。 一般的に香典の相場は、故人と関係が近しいほど金額が高くなり、遠くなるほど相場が高くなります。 自分と配偶者の両親で5〜10万円、兄弟姉妹であれば5万円、その他の親族が1万円、勤務 [続きを読む]

ペット図鑑

    記事が見つかりませんでした。