寄り添うペット葬

通話料無料

24h
365日

0120-990-071

対応エリア一覧

対応エリア一覧

【東京都立川市】犬や猫、ハムスターが亡くなったとき火葬はどうする?葬儀内容から費用まで

東京都立川市にお住いの飼い主さんへ。

大切な家族の一員でもあるペットは、いつも私たちの身近な存在ですよね。そんなペットが亡くなったとき、どのような手順で葬儀を執り行えばよいかご存じですか?

本記事ではペットが亡くなったときの火葬方法から、葬儀を依頼する業者や費用面まで詳しく解説します。

ペットが亡くなった後の対応について

ペットが亡くなった後の対応について

家族の一員であったペットが亡くなったとき、葬儀までの間遺体はどのように置いておけばよいのでしょうか。また死後何日以内に火葬をするのが望ましいのでしょうか。

遺体の安置方法

大切な家族であるペットが亡くなったとき、適切な処置が欠かせません。理由としては動物は亡くなると死後硬直が始まり、その後腐敗が進行するからです。

そのため、愛するペットとの最後の別れを清潔な状態で行うためにも、以下のポイントに注意しながら丁寧に対処することが大切です。

まず、ペットの遺体を整えます。筋肉が硬直して体が伸びきっている場合は、肢を優しく内側に折り曲げ、目が開いている場合はそっとまぶたを閉じてあげてください。また、まぶたを閉じることができない場合は、ガーゼやハンカチで覆ってあげるとよいでしょう。

次に体液や排泄物が漏れないように、遺体をやさしく拭いてあげてください。このとき、遺体を移動する場合は決して乱暴に扱わず、丁寧に優しく慎重に行うように注意しましょう。

遺体の安置場所としては、涼しくて直射日光が当たらない場所を選ぶことが大切です。特に夏場は、エアコンを使用して室温を調整し、ペットの遺体周りに保冷剤やドライアイスを置いて冷やすようにしてください。

死後2~10日以内に火葬を

ペットの火葬は通常、死後2〜10日以内に執り行われますが、夏場や外傷、腫瘍がある場合は3日以内に火葬することが推奨されています。

また遺体を10日以上保管すると腐敗が進み、臭いや見た目の悪化が進む可能性があるため、できるだけ早めに火葬の手続きを進めるようにしましょう。

土葬はしてもよいのか

ペットの遺体を土葬することは、一般的に問題はありません。ただし、ペットの遺体は法律上「廃棄物」として扱われますので、私有地以外の土地に埋葬してしまうと、廃棄物処理法違反となってしまいます。

また公共の場所に土葬してしまうと、軽犯罪法違反や不法投棄にあたってしまうので注意が必要です。

ペットの遺体は土に埋めてから分解されるまで数年から数十年かかります。そのため、衛生上の問題や近隣住民とのトラブルのリスクが懸念されることから、できればペットの遺体は火葬をすることをおすすめします。

飼い犬の死亡届は必ず提出をしなくてはいけない

飼い犬が亡くなった場合は、死亡後30日以内に死亡届の提出が必要になります。東京都立川市では市役所(環境対策課窓口)、もしくは電子申請で対応を行っていますので、必ず提出を行ってください。その際、犬鑑札と済票も一緒に提出をお願いします。

マイクロチップを装着している場合は、環境省の「犬と猫のマイクロチップ情報登録」で死亡届をオンライン申請、または郵送で対応することが可能です。こちらも提出期限が飼い犬が死亡後30日以内となりますので、忘れずに行ってくださいね。

【関連記事】 犬の葬儀費用はいくら?必要な手続きから火葬方法について

ハムスターなどの小動物の葬儀について

ハムスターなどの小動物の葬儀について

手のひらサイズハムスターを始め、犬猫以外のペットを飼われている方も多いかと思います。飼われている小動物が亡くなった場合も、前述の安置方法に沿ってご遺体をきれいに整えます。

なかには「ハムスターは体が小さいし、そのまま置いても問題ないでしょ」と思われる方もいるかもしれません。しかし遺体は、時間が経過するにつれて徐々に腐敗が進みます。そのためただ箱に納めるのではなく、必ず遺体を冷やすことを忘れずに行いましょう。

ハムスターの遺体は火葬後、骨は残る?残らない?

体が小さいハムスターのご遺体を火葬したら、骨は残るのか心配になりますよね。一般的にはハムスターの遺体を火葬すると、その遺骨が残ります。火葬は高温で行われるため、骨は焼却されても灰となりますが、一部の骨は焼け残ることがあります。

自宅でハムスターの遺体を火葬してはダメ!

どんなに体が小さいペットであっても、動物の遺体は法律的に「一般廃棄物」として扱われます。一般廃棄物を焼却処理するには「一般廃棄物処理基準(廃棄物処理法第6条の2第2項の規定)」に従う必要があります。

さらにハムスターを火葬する場合は、適法な焼却施設で処理を行わなくてはいけません。そのため、焼却施設以外での火葬は、法律や条例で禁止されていますので絶対に行わないでくださいね。

ハムスターの火葬を行う場合は、必ず専門の火葬業者に依頼しましょう。

【関連記事】 ハムスターが亡くなったらどうする?死亡確認や火葬方法について

ペット火葬には2種類がある

ペット火葬には種類がある

ペットの火葬方法には2種類あり、合同火葬と個別火葬があります。

合同火葬

複数のペットを同時に火葬する方法が「合同火葬」です。複数のペットを一度に火葬炉に入れて火葬するため、比較的費用を抑えることができますが、一般的には遺骨の返骨ができません。

そのため、個別性や遺骨の返骨を望む飼い主さんには向いていないかもしれません。

個別火葬

亡くなったペットの遺体を1体1体個々に火葬する方法が「個別火葬」です。個別火葬には「個別一任火葬」と「個別立会火葬」の2つの方法があります。

個別一任火葬では、飼い主さんがペットの遺体を葬儀スタッフに預け、当日もしくは後日に遺骨を受け取ることができます。

一方、個別立会火葬では飼い主さんが火葬施設に立ち会うことができ、目の前で見届けることが可能です。そのため、飼い主さんご自身がペットとの最後の時間を共有することができ、心の整理をすることもできます。

立川市でペット火葬を依頼するところ

立川市でペット火葬を依頼するところ

立川市クリーンセンターたちむにぃ!

東京都立川市では「クリーンセンターたちむにぃ」にて、亡くなったペットの遺体の引き取りを有償で行っています。

ご自宅までの引き取りを希望する場合は1体あたり4,000円、直接クリーンセンターたちむにぃに持ち込みであれば1体あたり3,000円で対応が可能です。

お預かりしたペットの遺体は、府中市にある『慈恵院』で合同火葬を行います.。そのため遺骨の返却はできません。

費用は最も安価で依頼することはできますが、最終手段の一つとして考えておくのが適切といえるでしょう。

ペット霊園や寺院

ペット霊園は、火葬から納骨までの一連の葬儀を提供する場であり、ペットとのお別れを心を込めて執り行います。

一部の施設では、宗教的な要素も考慮された葬儀が行われ、お経を読み上げてくれるなどのペットとの最後の別れを尊重するサポートが充実しています。

ただし、これらのサービスを提供するためには、施設の維持費などがかかることから一般的に葬儀費用は高めに設定されています。

また、ペットのお墓を建てる場合は、墓石代や毎年の供養料、安置料なども発生していきますので、葬儀費用以外の費用についても検討する必要があるでしょう。

  • 【葬儀をペット霊園や寺院希望する方】
    ・手厚く葬儀を執り行いたい
    ・一箇所で葬儀をすませたい
  • 【不向きな方】
    ・費用面を重視する方

訪問ペット火葬

訪問ペット火葬は、専用の火葬炉を搭載した特殊車両がご依頼主の自宅や指定された場所に訪問し、ペットの遺体の火葬を執り行います。

また訪問ペット火葬は、住宅密集地などでの配慮も考慮されているため、迷惑にならない場所まで移動して火葬を行うことができます。希望があれば火葬場所を指定することもできるので、ペットとの思い出の場所での火葬を行うこともできますよ。

火葬時間については、業者によって異なりますが通常30分〜2時間ほどとなります。長時間の拘束がないため、飼い主さんの負担が少なく済みます。

ただし一部の業者では、大型犬に対応していない場合もあるため、依頼する際は、ペットの大きさを事前に伝えた上で対応の有無を確認するようにしましょう。

  • 【葬儀を訪問ペット火葬で依頼する方】
    ・自宅葬を行いたい
    ・遠方に出向くのが難しい
    ・なかなか時間を取ることが難しい
  • 【不向きな方】
    ・住居や周囲の環境で訪問ペット火葬が難しい
    ・ペットが特殊、大きすぎるなど(業者による)

立川市でペット葬儀をすると費用はいくらかかる?

立川市でペット葬儀をすると費用はいくらかかる?

東京都立川市でペット葬儀を執り行う場合、費用はどのくらいかかってくるのでしょうか。ここでは各依頼先に依頼した場合の葬儀費用をまとめてみました。

火葬方法ハムスター
立川市クリーン
センターたちむにぃ
合同火葬¥3,000~4,000
ペット霊園、
寺院
個別一任火葬¥24,436~¥15,830~
個別立会火葬¥44,936~¥45,507~¥27,950~
合同火葬¥16,250~¥17,250~¥11,040~
訪問ペット火葬個別一任火葬¥26,840~¥14,580~
個別立会火葬¥32,820~¥18,480~
合同火葬¥22,420~¥9,710~

※税込価格
※上記費用は、各種火葬方法の料金を平均で算出したものです。ペットの種類や大きさによって金額は変わりますし、各葬儀会社によっても料金が前後してきます。あくまで目安としてお考えください。

もしも価格を優先するのであれば、立川市にあるクリーンセンターたちむにぃに依頼するのが最も費用を抑える方法といえます。ただし、遺骨の返却を行っていませんので、自宅供養やお墓供養などを検討している方は、不向きといえそうです。

丁寧な葬儀を行いたい方、ペットとのお別れを大切にしたい方などは、ペット霊園や寺院、訪問ペット火葬を検討することをおすすめします。費用は多少かかりますが、ペットに感謝の気持ちを伝えることができ、きちんとお別れをすることができますよ。

しかしながら、各ご家庭のお財布事情もあるかと思いますので、予算内で対応ができる葬儀会社を厳選し、納得のいく葬儀を執り行いましょう。

良心的なペット葬儀会社を探すには?

良心的なペット葬儀会社を探すには?

ペット葬儀を依頼する上でできるだけ費用を抑えつつも、質の良い業者を選びたいと考えるのは誰しも思うことです。悪徳業者に引っ掛からないためにも、業者選びは慎重に選ぶことが大切です。

まず最も重要すべき点は、企業の「信頼性」です。インターネット上の口コミや評判だけではなく、企業のウエブサイトやパンプレットなどを確認し、今までの実績やサービス内容をきちんと確認することをおすすめします。

また家族や友人、ご近所さんなどからの体験談も参考になります。周囲でペットの葬儀会社を利用したことがある人がいれば、プラン内容と料金は見合っているか、親切丁寧に対応してくれたかなど聞いてみるとよいでしょう。

さらに、電話での問い合わせ対応も重要なポイントの一つです。お客さまと一番初めに接するのは問い合わせ窓口のスタッフです。いわばその企業の顔でもありますので、丁寧な説明があったか、追加オプションについても詳細な説明があったか確認しましょう。そしてスタッフの対応が親切であったかも、良心的な業者を選ぶ上で参考になりますよ。

まとめ

【東京都立川市】犬や猫、ハムスターが亡くなったとき火葬はどうする?まとめ

本記事は、東京都立川市にお住まいのペットを飼われている飼い主さんに向けて、ペットが亡くなったときの対応方法から葬儀の依頼先、火葬費用、業者選びのポイントについてご説明しました。

どのようなペット葬儀を執り行うかは、飼い主であるあなたが最終的に決めることですが、ご自身が納得のいく葬儀が行えるように、きちんと計画を立てることをおすすめします。

「あの時、もっとこうしてあげていれば…」と後悔するような葬儀では、ペットも安心して虹の橋を渡ることができません。なによりもペットは、飼い主であるあなたの幸せを願っています。だからこそ、後悔のない葬儀を行っていただけたらと思います。

よりそうペット葬では、ペット葬儀に関するさまざまな疑問やお悩み、費用のご相談や見積もり依頼などを専門スタッフが24時間365日対応しています。その際の相談料や見積もり料は無料ですので安心してご相談ください。

皆さまのお力に少しでもなれるように、最適なプランをご提案させていただきます。

お客様の声

  • 細やかな気配りをありがとうございました

    細やかな気配りをありがとうございました

    忙しい時期でありながらこちらの希望を聞いてくださり、大変感謝しております。 四十九日にもご丁寧にお手紙をいただき、細やかな気配りに感心いたしました。 また機会あれば、お世話になりたいと思っております。 ありがとうございました。 [続きを読む]

ペット葬儀に関するコラム

  • ハリネズミが死んだら火葬?それとも土葬?お別れの仕方について

    ハリネズミが死んだら火葬?それとも土葬?お別れの仕方について

    SNSを中心にその愛らしい姿が注目され、2010年代からペットとして人気を集めたハリネズミ。 ちょこちょこと一生懸命歩き回る姿に心を奪われ、ハリネズミをお迎えした方も多いのではないでしょうか。 そんなペットとして飼われているハリネズミの寿命は約5〜10年といわれ、いつかはお別れをする日がやってきます。そのとき、大切な家族であるハリネズミの最後の旅路をどのように選択するかも重要なポイントの一つとなります。 本記事では、火葬や土葬などの供養方法についてまとめました。いつかは訪れる愛するハリネズミとのお別れについて一度考えてみませんか? ハリネズミが亡くなる前兆は? ハリネズミが亡くなる前兆はさまざ [続きを読む]

  • ペットの最期を迎えるとき~終活の大切さと心の準備~

    ペットの最期を迎えるとき~終活の大切さと心の準備~

    皆さんは「終活」をしていますか? 終活は、始めるタイミングや年齢に決まりはありません。ご自身が元気なうちに終活の情報収集を行うことで、遺された家族や周囲の人に迷惑をかけずに済みますし、なによりも自分自身のために行う前向きな活動の一つとなります。 それはペットの終活でも同じことがいえます。ペットが生涯「幸せだった」と思ってもらうためにも、ペットの最期をどのようにすべきか事前に考えておくことが飼い主さんの役目でもあります。 ここではペットの最期を迎える上で準備すべきことから、心構えまでご紹介します。 終活とは「人生の終わりのための活動」 最近よく耳にする『終活』という言葉は「人生の終わりのための活 [続きを読む]

  • 爬虫類(ヘビ・トカゲ・カメ)が死んだら?火葬後の骨は残る?ペット火葬について

    爬虫類(ヘビ・トカゲ・カメ)が死んだら?火葬後の骨は残る?ペット火葬について

    ヘビやトカゲ、カメなどの爬虫類が亡くなったとき、爬虫類愛好家の飼い主さんたちにとっても、火葬や供養について疑問を抱くことがあるかと思います。 そもそも犬や猫と同じように、爬虫類も火葬をすることは可能なのでしょうか。また、他の供養方法や遺体の安置方法にはどのような選択肢があるのでしょうか。 本記事では爬虫類の火葬方法から、亡くなったときの安置方法、火葬後の疑問までを詳しくご紹介します。 愛するペットである爬虫類が亡くなったとき、不安にならずにすむようにぜひご参考になさってくださいね。 爬虫類(ヘビ・トカゲ・カメ)が死んだらどうすればいい? 爬虫類は、死後2時間〜24時間くらいから死後硬直が始まり [続きを読む]

  • ペットの法要は必要?四十九日の過ごし方から準備すべきものについて

    ペットの法要は必要?四十九日の過ごし方から準備すべきものについて

    人が亡くなったときには、多くの場合通夜や葬儀、初七日、四十九日、一周忌など、さまざまな法要が行われます。 ではペットの場合、人と同じように法要を行うべきなのでしょうか。本記事ではペットにも法要は必要なのか、もしも四十九日の法要を行う場合はどのように行えばよいのか解説します。 法要ってなに?ペットの四十九日とは? 法要とは亡くなった方の冥福を祈り、供養を行う仏教の儀式の一つであり、さまざまな種類が存在します。 法要の種類 法要にはさまざまな種類があるため、全ての法要を行うことが難しい場合は、特に重視される法要以外を省略しても問題ないとされています。では、どのような法要があるのでしょうか。 法要の [続きを読む]

ペット図鑑

    記事が見つかりませんでした。