寄り添うペット葬

通話料無料

24h
365日

0120-990-071

対応エリア一覧

対応エリア一覧

【東京都青梅市】ペットが死んだらどこに連絡?火葬費用は?ペット葬儀について

愛するペットの死はとても辛く悲しいものです。しかしいつまでも悲しんでいることはできません。最後のお別れを行うためにも、きちんと葬儀をあげる必要があります。

本記事では、東京都青梅市でペット葬儀を行う上で、疑問点から注意すべき点まで分かりやすくご紹介します。

ペットが死んだらまずはなにをすべき?

ペットが死んだらまずはなにをすべき?

自宅でペットが最期を迎えた時、飼い主さんやそのご家族の方が死亡確認を行う必要があります。まず以下の3つを確認し、死亡の判断を行いましょう。

1. 呼吸の停止:お腹の動きを見て、呼吸の有無を確認
2. 心肺、脈の停止:胸の辺りに手を当て、鼓動の有無を確認
3. 対光反射の消失:目に光を当てて、瞳の反応の有無を確認

もしもご自身で判断がつかない場合は、かかりつけの動物病院で死亡の確認を行ってもらってもよいでしょう。

ペットの遺体を安置する

ペットの遺体の処置は、愛情を持って行うことが大切です。ペットが亡くなった際は、次のような方法で遺体を整えてあげましょう。

まず、ペットの身体を整えてあげてください。ペットの体がまだ硬直していない場合は、手足を胸の方に寄せて整えることで、自然な姿勢を保つことができます。死後2時間ほどで身体が硬直するため、硬直が始まる前に整えてあげましょう。既に硬直が始まっている場合は、無理に動かさずに静かに寝かせてあげてくださいね。硬直がピークを過ぎると、筋肉が徐々に緩んでいきます。

次にペットの身体をきれいに整えてあげましょう。毛並みをブラッシングしたり、湿らせた布で優しく拭いたりすることで、身体をきれいにすることができます。また、まぶたや口が開いている場合は、そっと閉じてあげてください。ペットの瞳が開いたままで気になる場合は、手でまぶたをそっと押さえたり、ガーゼやハンカチなどで顔を覆ってあげるとよいでしょう。

さらに、ペットの体液や血液が出ている場合は、拭いてあげてください。外傷がある場合は、ガーゼで覆ったり巻いたりして保護してあげてください。特に夏場などは腐敗が進みやすくなります。ペットシーツや新聞紙などを敷いてあげると清潔に保つことができますよ。

最後にペットの遺体の腐敗を少しでも遅らせるためにも、遺体の周りに保冷剤やドライアイスを敷き詰めてください。そして部屋の温度もなるべく低く設定し、日の当たらない風通しのよい場所に遺体を安置してあげてください。

ペットの遺体の処置には、愛情と配慮が必要です。ペットが安らかに眠ることができるように、丁寧に対処してあげましょう。

遺体の保存期間に注意しよう

一般的にペットの遺体の保存期間は、夏場は1〜2日、冬場では2〜3日が目安といわれています。
特に気温が高いと遺体の腐敗が進みやすくなってしまいますので、夏場は冷房をつけた状態にすること、そして冬場は暖房がかかっていない涼しい場所に安置してあげましょう。

愛犬が亡くなったら必ず死亡届の提出を

愛犬が亡くなったら必ず死亡届の提出を

愛犬が亡くなったら死亡から30日以内に「死亡届」の提出が必須となります。死亡届の提出を行わないと、狂犬病予防法により罰金20万円を支払うことになりますのでご注意ください。

東京都青梅市の場合、死亡届の提出を電子申請で行うことができます。電子申請の方法が分からない場合は、青梅市役所の環境政策課窓口にて手続きが行えますので、そちらで手続きを行うことをおすすめします。

またマイクロチップを搭載した飼い犬や飼い猫が亡くなった場合は、環境省が運営している「犬と猫のマイクロチップ情報登録」で死亡届のオンライン申請、または郵送の手続きをする必要があります。

ご自身の愛犬がマイクロチップ搭載か未搭載かあらかじめ確認しておくとよいでしょう。

【関連記事】 犬の葬儀費用はいくら?必要な手続きから火葬方法について

青梅市でペット葬儀会社に連絡をする

青梅市でペット葬儀会社に連絡をする

東京都青梅市でペット火葬を行いたい場合、どこに連絡をすればよいのでしょうか。

青梅市役所清掃リサイクル課窓口(自治体)

東京都青梅市では飼い主さんの届出により、火葬場にて火葬を行うことができます。

ご自身で火葬場に持ち込みの場合は、青梅市役所の清掃リサイクル課窓口で申請と手数料2,000円の支払いとなります。

受付の際、住所確認を行うためご自身の身分を証明できる運転免許証やマイナンバーカードなどの提出が必要です。もしも飼い主以外の方が受付する場合は、飼い主の委任状が必要です。

ご自宅での回収希望の場合は、清掃リサイクル課窓口(0428-22-1111)に申し込みが必要となります。回収日当日に手数料の4,000円をご用意ください。

ペットの遺体の回収後は、合同火葬を行うため遺骨をお返しすることができません。自宅供養やお墓に埋葬したい場合は、民間の業者に依頼することをおすすめします。

詳しくは青梅市の「動物が死んでしまったらをご確認ください。

ペット霊園・寺院

ペット霊園や寺院では、愛するペットの最後の旅立ちを行うための神聖な場所です。ここでは人と同様の葬儀を行うことができ、希望すればお墓や納骨堂で供養することができます。
またペット霊園では遺骨を保管し、定期的な供養や法要などの催しを通じてペットの霊を追悼します。定期的な行事では、僧侶による読経が行われることがあります。

供養方法としてはお墓や納骨堂があり、お墓の場合は個々の墓石に遺骨を納めることができ、納骨堂では専用の箱に遺骨を収めることが可能です。一般的にペット専用のお墓の費用は約10〜30万円、飼い主と一緒に入れるお墓は約70〜130万円だそうです。納骨堂の場合は、合祀タイプで約5,000〜3万円、個別タイプでは約1〜35万円かかるそうです。

さらに年間管理費も発生しますので、お墓や納骨堂で供養を希望する場合は、家族間で事前に相談することが必要といえます。

訪問ペット火葬(ペット葬儀会社)

訪問ペット火葬は、火葬炉を搭載した特殊車両が飼い主さんのご自宅や指定した場所まで訪れ、ペットの遺体を火葬するサービスです。自宅でゆっくりとペットとのお別れをしたい方にとっては最適な選択肢といえるでしょう。

このサービスは、住宅密集地などでの配慮が考慮されているので、近隣に迷惑がかからない場所での火葬を行うことが可能です。さらに、飼い主さんの希望に沿って火葬場所を指定することもでき、ペットとの思い出の場所での火葬を行うこともできます。

火葬時間は業者によって異なりますが、一般的には30分から2時間ほどです。短時間で火葬が執り行われるため、飼い主さんの負担も少なく済みます。また、遠方に出向く必要がないため、高齢の方や身体の不自由な方、忙しい方にとっても便利なサービスといえるのではないでしょうか。

ただし、業者によっては対応できるペットに制限がある場合があるため、事前に確認することをおすすめします。

ペット火葬の選択

ペット火葬の選択

ペット火葬は、他のペットと一緒に火葬を行う「合同火葬」と、個々で火葬が執り行われる「個別火葬」の2種類から選択することになります。

合同火葬の場合は、他のペットたちと一緒に火葬をするので火葬費用を抑えることができます。ただし遺骨を返してもらうことができませんので注意が必要です。

個別火葬は個々に火葬が行われるため、合同火葬より費用はかかります。また個別火葬の場合、個別一任火葬と個別立会火葬の2種類あり、火葬から収骨までの立会いの有無を選択することができます。業者に全て依頼するのであれば個別一任火葬、立会いを希望するのであれば個別立会火葬でお願いすることができます。

ただし個別一任火葬よりも、個別立会火葬の方が料金は高額になりがちです。火葬費用をなるべく抑えたいのであれば合同火葬、遺骨の返骨かつ個別火葬を行いたいのであれば、個別一任火葬をおすすめします。

青梅市でペット火葬を行うといくらかかる?

青梅市でペット火葬を行うといくらかかる?

東京都青梅市でペット火葬を依頼した際、火葬費用はいくらかかるのでしょうか。以下は自治体、ペット霊園・寺院、訪問ペット火葬業者に依頼した際の平均費用をまとめたものです。

火葬方法ハムスター
自治体合同火葬¥2,000~4,000
ペット霊園、
寺院
個別一任火葬¥24,436~¥15,830〜
個別立会火葬¥44,936~¥45,507~¥27,950~
合同火葬¥16,250~¥17,250~¥11,040~
訪問ペット火葬個別一任火葬¥26,840~¥14,580~
個別立会火葬¥32,820~¥18,480~
合同火葬¥22,420~¥9,710~

※税込価格
※上記費用は、各種火葬方法の料金を平均で算出したものです。ペットの種類や大きさによって金額は変わりますし、各葬儀会社によっても料金が前後してきます。あくまで目安としてお考えください。

価格重視でいくのであれば、自治体に依頼するのがもっとも安価で火葬を行うことができます。ただし火葬やお骨上げに立ち会うことはできませんし、遺骨の返却も行われません。そのため自宅供養はお墓に埋葬を検討中の方にはあまりおすすめはできません。

丁寧な葬儀を行いたい、遺骨の返骨を希望するのであれば、民間企業のペット霊園や寺院、もしくは訪問ペット火葬に依頼することをおすすめします。飼い主さんが希望する葬儀に一番近い内容で行うことができますし、きっと悔いの残らない葬儀を行うことができるでしょう。

ただ金額は自治体に依頼するよりも高額になりますので、よく検討した上でご自身が納得する方法を選択していただければと思います。

ペット葬儀会社を探す上でのポイント

ペット葬儀会社を探す上でのポイント

ご自身に合ったペット葬儀業者を探す上で抑えておきたいポイントがあります。

まずは口コミや評判をしっかりと確認しましょう。他の飼い主さんが書いたレビューや評価を見て、会社の信頼性やサービスの質を把握することが大切です。またオンラインのレビューサイトやSNSを活用して、他の方の意見や体験談を参考にするとよいですよ。

次に、業界経験や専門知識を持つ会社を選ぶことが大切です。ペット葬儀に関する豊富な知識や経験を持つ会社であれば、より適切なサポートを受けることができます。動物愛護団体や専門家との連携があるかどうかも確認しましょう。

さらにスタッフの対応や誠実さも重要です。飼い主さんの気持ちを理解し、適切なサポートを提供してくれるかどうかを確認しましょう。このとき、葬儀のプランや費用についての説明や、追加料金やオプションサービスについてもきちんと説明がされるかも重要なポイントです。
全体の費用やサービス内容が納得できるかどうかをしっかりと確認し、適切な業者を選ぶことが大切です。

まとめ

【東京都青梅市】ペットが死んだらどこに連絡?まとめ

本記事では東京都青梅市でペットを亡くした際、葬儀までの安置方法から葬儀業者や火葬方法の選択、費用面まで解説しました。

どのような方法でペットとのお別れをするのかは、飼い主さんの気持ち次第になりますが、なによりも一番は「納得のいく葬儀を行うこと」です。後悔するような葬儀を行ってしまうと、いつまでも心の底にしこりのようなものがついてまわってしまうかもしれません。

そうならないためにも、費用面から葬儀内容まで後悔しないように生前からペットの終活の準備をしておくことをおすすめします。

よりそうペット葬では、ペット葬儀に関する相談から見積りまでを24時間365日対応を行っております。専任スタッフが飼い主さんの気持ちに寄り添いながら、一番納得のいくペット葬儀をご提案させていただきますので、安心してお問い合わせくださいね。

お客様の声

  • 細やかな気配りをありがとうございました

    細やかな気配りをありがとうございました

    忙しい時期でありながらこちらの希望を聞いてくださり、大変感謝しております。 四十九日にもご丁寧にお手紙をいただき、細やかな気配りに感心いたしました。 また機会あれば、お世話になりたいと思っております。 ありがとうございました。 [続きを読む]

ペット葬儀に関するコラム

  • ハリネズミが死んだら火葬?それとも土葬?お別れの仕方について

    ハリネズミが死んだら火葬?それとも土葬?お別れの仕方について

    SNSを中心にその愛らしい姿が注目され、2010年代からペットとして人気を集めたハリネズミ。 ちょこちょこと一生懸命歩き回る姿に心を奪われ、ハリネズミをお迎えした方も多いのではないでしょうか。 そんなペットとして飼われているハリネズミの寿命は約5〜10年といわれ、いつかはお別れをする日がやってきます。そのとき、大切な家族であるハリネズミの最後の旅路をどのように選択するかも重要なポイントの一つとなります。 本記事では、火葬や土葬などの供養方法についてまとめました。いつかは訪れる愛するハリネズミとのお別れについて一度考えてみませんか? ハリネズミが亡くなる前兆は? ハリネズミが亡くなる前兆はさまざ [続きを読む]

  • ペットの法要は必要?四十九日の過ごし方から準備すべきものについて

    ペットの法要は必要?四十九日の過ごし方から準備すべきものについて

    人が亡くなったときには、多くの場合通夜や葬儀、初七日、四十九日、一周忌など、さまざまな法要が行われます。 ではペットの場合、人と同じように法要を行うべきなのでしょうか。本記事ではペットにも法要は必要なのか、もしも四十九日の法要を行う場合はどのように行えばよいのか解説します。 法要ってなに?ペットの四十九日とは? 法要とは亡くなった方の冥福を祈り、供養を行う仏教の儀式の一つであり、さまざまな種類が存在します。 法要の種類 法要にはさまざまな種類があるため、全ての法要を行うことが難しい場合は、特に重視される法要以外を省略しても問題ないとされています。では、どのような法要があるのでしょうか。 法要の [続きを読む]

  • ペットの葬儀には香典は必要?不要?お悔やみの贈り物の選び方について

    ペットの葬儀には香典は必要?不要?お悔やみの贈り物の選び方について

    大切なペットを失ったときの喪失感や悲しみは、家族や愛する者にとって非常に深いものです。 その悲しみを共有し、故ペットへの最後のお別れをするためにも「ペット葬儀」が行われることがあります。 ここでは、ペット葬儀における香典や贈り物、そして適切な言葉についてまとめました。ぜひ参考にしてみてくださいね。 ペット葬儀に香典はいる?いらない?   香典は、お亡くなりになった人の霊前に供える金銭や品物のことをいいます。 一般的に香典の相場は、故人と関係が近しいほど金額が高くなり、遠くなるほど相場が高くなります。 自分と配偶者の両親で5〜10万円、兄弟姉妹であれば5万円、その他の親族が1万円、勤務 [続きを読む]

  • ペットの最期を迎えるとき~終活の大切さと心の準備~

    ペットの最期を迎えるとき~終活の大切さと心の準備~

    皆さんは「終活」をしていますか? 終活は、始めるタイミングや年齢に決まりはありません。ご自身が元気なうちに終活の情報収集を行うことで、遺された家族や周囲の人に迷惑をかけずに済みますし、なによりも自分自身のために行う前向きな活動の一つとなります。 それはペットの終活でも同じことがいえます。ペットが生涯「幸せだった」と思ってもらうためにも、ペットの最期をどのようにすべきか事前に考えておくことが飼い主さんの役目でもあります。 ここではペットの最期を迎える上で準備すべきことから、心構えまでご紹介します。 終活とは「人生の終わりのための活動」 最近よく耳にする『終活』という言葉は「人生の終わりのための活 [続きを読む]

ペット図鑑

    記事が見つかりませんでした。