寄り添うペット葬

通話料無料

24h
365日

0120-990-071

対応エリア一覧

対応エリア一覧

【東京都東久留米市】犬猫やウサギの火葬費用はいくら?ペット葬儀に関する疑問について

大切なペットが亡くなったとき、その最後のお別れをどのように行えばよいのか、分からない方も多いのではないでしょうか。

本記事では、東京都東久留米市でペット葬儀を依頼する際の流れから、遺体の安置方法、犬猫やウサギの火葬費用など、葬儀に関する疑問について説明します。

ペット葬儀ではなにを行うの?

ペット葬儀ではなにを行うの?

ペット葬儀はペット葬とも呼ばれ、人と同じように火葬や葬儀を行うことを指します。

昔の日本ではペットが亡くなると庭に埋めたり、自治体に依頼したりしていましたが、現代はペット専用の火葬炉で火葬が行われるのが一般的となりました。また基本的にペット葬儀の場合は、家族や親戚、親しい友人のみで行われます。

ペット葬儀の一連の流れとしては、以下の通りです。

1. 遺体を安置する
2. 葬儀会社と葬儀内容を決めて申し込む
3. 葬儀当日、葬儀場に向かうor自宅に来てもらう
4. 旅立ちの儀式を行う
5. 最後のお別れをし、火葬する
6. 希望する場合、お骨拾いを行う
7. 納骨または、手元供養を行う

依頼するペット葬儀会社やプラン内容によっては、上記の流れが変わる場合もありますが、一般的にはこのような流れで執り行います。

ペットが亡くなったときの正しい安置方法について

ペットが亡くなったときの正しい安置方法について

ペットが亡くなったとき、一番始めに行うことは「ペットの遺体を安置する」です。正しい方法で処置しないと腐敗の進行が早まってしまったり、異臭が強くなってしまったりするので、注意が必要です。

ではどのようにして、ペットの遺体を安置すればよいのでしょうか。

1. ペットの遺体を整える

動物は亡くなると死後硬直が始まります。そのため筋肉が硬直して伸びきってしまっていた場合は、飼い主さんの手でペットの肢を内側に折り曲げてあげましょう。このとき、折り曲げるのが難しい場合は無理に行わないように注意しましょう。

そして目が開いていた場合は、そっと瞼を閉じてあげてください。もし目が閉じ切らない状態であれば、ハンカチなどで目を覆ってあげるとよいですよ。

2. 体を拭いて清める

毛並みをブラシで整えた後、ぬるめの湯で濡らして硬く絞ったガーゼやタオルなどで、全身をやさしく拭いて清めましょう。

このとき遺体の口や肛門などから体液が汚物が出てくることもあります。これは私たち人が亡くなったときでも起こる自然現象ですので、気付いたら小まめに拭き取ってあげてください。

3. 涼しい場所に安置する

ペットの体の大きさに合うペット用の棺や段ボールを用意し、その中に新聞紙とタオルや毛布を敷いてあげ、その上にペットの遺体を寝かせてあげてください。

遺体はとてもデリケートですので、乱暴に扱うと遺体が傷んでしまい、腐敗の進行を早めてしまう場合があります。移動させる際は、慎重に行うようにしてください。

またご遺体が傷まないようにするためにも、直射日光が当たらない涼しい場所に安置し、保冷剤やドライアイスなどを使って頭部やお腹周りを冷やすようにしてください。特に夏場は腐敗の進行が早まります。エアコンで室内の温度を低く設定するようにしてください。

ちなみに季節や場所によって異なりますが、保冷剤は約2〜3時間、ドライアイスは1kgあたり常温で約2〜3時間で溶けてしまいます。安置する期間の間はなるべく、保冷剤やドライアイスを多めに準備しておきましょう。

ペット火葬の選択

ペット火葬の選択

ペット火葬を行う上でぜひ知っていただきたいのが、火葬の種類です。大きく分けて2種類存在し、それぞれの方法によって流れが異なります。

合同火葬

他のペットと一緒に同じ火葬炉で火葬が行われます。費用を最小限に抑えることが可能ですが、遺骨を受け取ることはできません。

一般的に火葬後は、合同で埋葬が行われます。

個別火葬

ペットの遺体は個々で火葬が執り行われます。

また個別火葬には「個別一任火葬」と「個別立会火葬」の2種類から選択することができ、火葬からお骨上げまで業者に全ておまかせするか、ご家族立ち会いのもと火葬からお骨上げまで行うかを選択することが可能です。

ペット火葬時に絶対入れてはいけないもの

ペットの遺体は個々で火葬が執り行われます。

ペット火葬を行うとき、生前ペットが食べていたフードやおやつ、布製のおもちゃや手紙、お花を沿えることが可能です。

ただしゴム製やプラスチック製のおもちゃは、お骨に悪影響を及ぼすリスクがあることから、入れることができない場合があります。また金属類がついた首輪などは、燃えきらないため、一緒に火葬をすることはできません。

なかにはペットと一緒に撮影した写真を入れたい飼い主さんもいることでしょう。しかし火葬時に生きている人の写真を入れるのは「あの世に連れて行かれる」という迷信もあることから、おすすめはできません。

もしも火葬時になにか物を一緒に入れたい場合は、依頼する業者になにならよいのか一度相談するとよいでしょう。

自分で火葬を行うのは法律違反になる

ペットの遺体は法律上、廃棄物として扱われます。したがって、家庭内での火葬は法律で禁止されています(廃棄物の処理及び清掃に関する法律(廃掃法)第16条※1)。

この規程はペットの大きさに関係なく適用されます。例えばハムスターや他の小動物でも同様です。違反すれば懲役5年以下、もしくは罰金1,000万円以下、またはその両方の刑罰が科される可能性がありますので、決して行ってはいけません。

ペットの遺体を火葬する場合は、必ず自治体や専門のペット葬儀業者に依頼しましょう。彼らは適切な方法でペットを送り出す手助けをしてくれます。

※1.廃棄物の処理及び清掃に関する法律

東久留米市でペット火葬は民間企業に依頼する

東久留米市でペット火葬は民間企業に依頼する

多くの自治体では、数千円程度の金額でペットのご遺体を引き取り、合同火葬・合同埋葬を行ってくれます。

しかし東京都東久留米市の場合、ペット火葬の取り扱いを行っていません。民間のペットの葬儀業者に依頼するようになります。

では民間のペット葬儀業者はどのようなところがあるのでしょうか。

ペット霊園や寺院

民間のペット霊園や寺院では、火葬から供養までペット葬儀の一連の流れを行うことが可能です。場所によっては火葬前にお経を読み上げてくれるところもあるようです。

また希望すればペットのお墓を建てたり、将来的に一緒のお墓に入ったりすることも可能なペット霊園や寺院もあります。さらに納骨堂がある場所では、専用の箱に遺骨を納めることも可能です。

ただしお墓や納骨堂に供養を希望した場合、年間管理費用等が発生してきます。永続的な費用が発生しますし、管理等は誰が行うかなどご家族間でよく話し合いが必要といえます。

ペット霊園や寺院でお願いするのは「人と同じ葬儀を手厚く行いたい」「一箇所で葬儀から供養まで行いたい」という方に向いているといえそうです。

訪問ペット火葬

火葬炉を搭載した特殊車両で希望の場所やご自宅まで、葬儀スタッフが訪れて、丁寧に火葬から収骨までを執り行います。

火葬場所はご自宅やその近隣で行うことができるので、慣れ親しんだ場所で最後のお別れをすることが可能です。また住宅密集地などの場合は近隣の方に迷惑がかからず、火葬しても問題のない場所で執り行いますのでご安心ください。

自宅周辺にペット霊園や寺院がなく、遠方まで足を運ぶのが難しい方、仕事などの関係でスケジュール調整が難しい方、自宅で葬儀を行いたい方におすすめです。

東久留米市でのペット火葬費用はいくら?

東久留米市でのペット火葬費用はいくら?

東京都東久留米市で民間のペット葬儀業者に火葬をお願いした場合、費用はいくらぐらいかかるのでしょうか。

火葬方法猫・ウサギハムスター
ペット霊園、
寺院
個別一任火葬¥24,436~¥15,830〜
個別立会火葬¥44,936~¥45,507~¥27,950~
合同火葬¥16,250~¥17,250~¥11,040~
訪問ペット火葬個別一任火葬¥26,840~¥14,580~
個別立会火葬¥32,820~¥18,480~
合同火葬¥22,420~¥9,710~

※税込価格
※上記費用は、各種火葬方法の料金を平均で算出したものです。ペットの種類や大きさによって金額は変わりますし、各葬儀会社によっても料金が前後してきます。あくまで目安としてお考えください。

なるべく費用を抑えたいのであれば「合同火葬」がおすすめです。一部の業者では1万円以内で収まる場合もあります。ただし遺骨の返骨は行われないことから、個別の供養を希望する方には向いていません。

遺骨の返骨を希望しつつも費用を節約したい場合は「個別一任火葬」が適しています。一般的には1万円以上かかってしまいますが、個別立会火葬に比べると費用を抑えることができます。

ただし、上記の費用はあくまでも平均的な価格であり、業者によって金額が異なります。予算に合った業者を選ぶためには、各業者のプランや料金表を確認し、見積りを依頼することが重要です。

また、火葬から収骨までの費用だけでなく、ペット専用のお墓や納骨堂での供養には別途費用や年間管理費用が発生します。家族での話し合いを通じて、管理費用の支払いや供養の方法を検討することが大切です。

東久留米市で訪問ペット火葬をお探しなら『よりそうペット葬』

東久留米市で訪問ペット火葬をお探しなら『よりそうペット葬』

東京都東久留米市で訪問ペット火葬をお探しであれば、ぜひ「よりそうペット葬」にご相談ください。

よりそうペット葬ではペットを愛する全てのお客さまに対し、心からご満足いただけるサービスを提供することを日々目指しています。

24時間365日相談無料で受付

ペット葬儀に関する疑問や要望に対し、専任スタッフが24時間365日、年中無休で親切丁寧に対応します。

早朝や深夜の火葬も迅速に対応いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

シンプルな料金プランで追加料金なし

シンプルな料金プランで追加料金なし

ペットの種類や体重に関係なく、幅広いペットに対応しています。また料金体系はシンプルかつ分かりやすくを心がけており、追加料金も一切かかりません。

猫やウサギ、ハムスター、犬種ごとの料金体系をご覧になりたい方は、下記をご確認ください。

ペットごとの料金表はこちらから

またよりそうペット葬では、現金やクレジットカードの対応が可能ですので、急な出費にも安心してご利用いただけます。

お客さまからの口コミ

お客さまからの口コミ

実際に利用されたお客さまから「スタッフの対応が良かった」「迅速な対応で助かった」「安心してペットを送り出せた」という感想が寄せられています。

よりそうペット葬では常にお客さまファーストを心がけ、分かりやすい説明と丁寧な対応に努めています。

ご予算を抑えたい方、安心して任せられるペット葬儀業者にお願いしたいとお考えであれば、ぜひよりそうペット葬にお問い合わせください。

まとめ

【東京都東久留米市】犬猫やうさぎの火葬費用はいくら?まとめ

ペットには犬猫を始め、ウサギにハムスターといった小動物から爬虫類、魚などさまざまいます。どの子も飼い主さんにとってはかけがえのない存在であり、最愛の家族でもあります。

だからこそ、最後のお別れは丁寧にそして後悔のないように行っていただきたいなと思います。

よりそうペット葬では、ペット葬儀に関する不安な点や疑問点など、些細なことでも随時ご相談を承っています。ご相談料、見積料は一切かかりませんので、安心してご連絡ください。

大切な家族であるペットを手厚く送り出せるように、お手伝いさせていただきます。

お客様の声

  • 細やかな気配りをありがとうございました

    細やかな気配りをありがとうございました

    忙しい時期でありながらこちらの希望を聞いてくださり、大変感謝しております。 四十九日にもご丁寧にお手紙をいただき、細やかな気配りに感心いたしました。 また機会あれば、お世話になりたいと思っております。 ありがとうございました。 [続きを読む]

ペット葬儀に関するコラム

  • フェレットが死んだら土葬?それとも火葬?葬儀方法や費用面について解説

    フェレットが死んだら土葬?それとも火葬?葬儀方法や費用面について解説

    人懐っこくて愛らしいフェレット。 「クククククッ!」と嬉しそうに歩く姿は見ているだけで微笑ましく、私たちの心を癒してくれます。 そんなフェレットと共に過ごす時間は犬や猫よりも短く、心の準備ができないままお別れをすることになった方もいるかもしれません。 「あのときこうしてあげたら…」と後悔する前に、心の準備をしておきませんか? 本記事では、フェレットが亡くなったときの葬儀方法から費用面について詳しく解説します。 大好きなフェレットを看取る エキゾチックアニマルに属するフェレットの平均寿命は、約5〜11年といわれています。3〜4歳頃になると老年期に差し掛かり、その時期から腫瘍性疾患にかかる個体が多 [続きを読む]

  • ペットの遺体を土葬するのは法律違反になる!?後悔しないために知っておくべきこと

    ペットの遺体を土葬するのは法律違反になる!?後悔しないために知っておくべきこと

    家族の一員であったペットが亡くなったとき「火葬は可哀想」「自然にありのままの姿に還してあげたい」と思う方も少なくないでしょう。 その場合、自宅のお庭などに埋める『土葬』という埋葬方法があります。ひと昔前では、ペットの遺体を土葬するのは当たり前だったという地域もあるかもしれません。 しかし遺体の火葬が一般的な現代の日本において、ペットの遺体を土葬するのは問題ないのでしょうか。 本記事では、ペットの土葬における注意点から正しい埋葬方法、風水的における土葬の考えまで詳しくご紹介します。 ペットの遺体を土葬してもいいのか 結論としては、ペットの遺体を土葬しても問題はありません。ただしそれはご自宅のお庭 [続きを読む]

  • 猫のペット葬儀費用相場と火葬までにすること

    猫のペット葬儀費用相場と火葬までにすること

    愛猫との生活はかけがえのないひとときですよね。いつまでも続いて欲しいと願う一方、いつかはお別れのときがやってきます。 大切な愛猫には心から安らかに、そして安心して虹の橋を渡ってもらうためにも、残された飼い主さんがきちんと葬儀を執り行ってあげたいものです。 本記事では愛猫が亡くなったときまずすることから、ペット葬儀における費用相場、ペット葬儀業者を選ぶポイントについてご紹介します。 猫が亡くなったときにすること 愛猫が亡くなったときに真っ先にすることは「安置」です。大切な家族である愛猫が心安らかに眠れるように、丁寧に行いましょう。 まず最初に目を開けた状態であれば、静かに目を閉じてあげてください [続きを読む]

  • 犬の葬儀費用はいくら?必要な手続きから火葬方法について

    犬の葬儀費用はいくら?必要な手続きから火葬方法について

    突然愛犬が亡くなってしまったとき、その深い悲しみから立ち直ることはなかなかできませんよね。そして自分を責めてしまったり、今後どうしたらよいのか分からなくなってしまったりすることもあるでしょう。 でもそれだけ、愛犬のことを心から愛し大切にしてきた証拠でもあります。だからこそ、後悔のない最後のお別れをすることがとても大切です。 本記事では、愛犬を失ったときに飼い主さんができることを始め、火葬方法や葬儀費用、ペット葬儀会社を選ぶ際のポイントについてご紹介します。 ペット葬儀には2種類ある 愛犬が亡くなったときに最初に行うべきことは「安置」です。愛犬が穏やかな眠りにつけるように、丁寧に対処しましょう。 [続きを読む]

ペット図鑑

    記事が見つかりませんでした。