寄り添うペット葬

通話料無料

24h
365日

0120-990-071

対応エリア一覧

対応エリア一覧

【東京都府中市】府中でペット火葬を探すならどこ?ペット葬儀について

我が子同然に接してきたペットが亡くなったとき、悲しみとどうしようもない思いがこみあげてくるかと思います。

しかしペットの遺体は死後、硬直化し腐敗が進んでいきます。きれいな状態でお別れするためにも、そして後悔ないお見送りをするためにもペット葬儀に関する知識を事前に身に着けておくことはとても大切です。

本記事では、府中市でペット火葬を探す際のポイントや費用面について詳しくご紹介します。

ペットが死んだら火葬と土葬どっち?

ペットが死んだら火葬と土葬どっち?

家族であるペットが亡くなったとき、そのご遺体をどのようにすべきなのか悩みますよね。
多くの飼い主さんはどのように対応しているのでしょうか。

現代は火葬が一般的

ひと昔前であれば、ペットの遺体は自宅の庭などに埋葬するご家庭も多かったと思います。

現在は、近隣トラブル問題や衛生上の観点から土葬を行うご家庭が減少し、人と同じように火葬を行うのが主流になっています。

もちろん土葬をしてはいけないわけではありません。適切な処置を行い、私有地に埋葬するのであれば何ら問題はありません。ただし私有地以外の公園や道路、他人の土地などにペットの遺体を埋めた場合は、一般破棄物の不法投棄にあたってしまいます。

場合によっては5年以下の懲役、または1,000万円以下の罰金、もしくはその両方を科せられる恐れがありますので注意しましょう。

【関連記事】 ペットの遺体を土葬するのは法律違反になる!?後悔しないために知っておくべきこと

ペット火葬には種類がある

ペット火葬には合同火葬と個別火葬があり、どちらかを選択する必要があります。

合同火葬:他に亡くなったペットと共に火葬され、合同墓地に埋葬されます。そのため、遺骨を返してもらうことはできません。

個別火葬:亡くなったペットの遺体を一頭一頭個別に火葬する方法です。さらに個別火葬の場合「個別一任火葬」と「個別立会火葬」があり、火葬から収骨までを業者に依頼するか、それとも立ち会いを行うかを選ぶことができます。

主にペット葬儀は民間業者に依頼する

主にペット葬儀は民間業者に依頼する

ペットが亡くなったとき、葬儀会社や火葬先などを探すことになるかと思います。

一般的にペット葬儀はペット霊園や寺院、または訪問ペット火葬を行うペット葬儀会社といった民間企業に依頼することになります。

ここでは、ペット霊園や寺院、訪問ペット火葬の特徴についてご紹介します。

ペット霊園、寺院

ペット霊園や寺院はペットのための特別な供養施設です。一部の霊園の場合、葬儀と火葬を一緒に執り行うこともできます。さらに人が亡くなった際に設けられるお墓や納骨堂があるように、ペットも同様の供養を行うことが可能です。

遺骨に関してはペット霊園や寺院で保管され、定期的な行事を通じてペットの霊を追悼し、僧侶による読経が行われます。

またペット霊園の中には「お墓」と「納骨堂」の2つの選択肢があり、飼い主さんの希望に合わせて選択することができます。さらに骨の納め方も選択することができ、一般的に合祀と呼ばれる場所に遺骨を納める方法と、個別に骨を納める方法があります。

ペット霊園は火葬から供養までをスムーズに行うことができるので、愛するペットに最後のお別れのあいさつをすることができます。

訪問ペット火葬(ペット葬儀会社)

訪問ペット火葬は、火葬炉を搭載した特殊車両が飼い主さんのご自宅やご希望場所にて、葬儀が執り行われます。

ご依頼する飼い主さんのお住まいの環境に考慮し、近隣住民の方にご迷惑がかからない場所まで移動し、火葬を執り行うことも可能です。また火葬場所をある程度指定することができますので、ペットとの思い出の場所で火葬を希望することも可能です。

訪問から収骨までにかかる時間は、各業者のプランやペットのご遺体のサイズなどによって異なりますが、約30分から2時間となります。半日や丸1日かかることは基本的にありませんので、飼い主さんへの負担が少なく、時間が取れない方にとっても大変便利なサービスといえます。

また訪問ペット火葬の場合、取引火葬と出張火葬があるため、飼い主さんの希望や要望に応じて選択することが可能です。さらにセレモニーやアクセサリーの提供など、オプションサービスも充実しています。

ペット霊園と訪問ペット火葬のメリットとデメリットは?

ペット霊園と訪問ペット火葬のメリットとデメリットは?

ペット葬儀を執り行う場合、ペット霊園や寺院、もしくは訪問ペット火葬で対応が可能なことがわかりました。では、それぞれに依頼した際のメリットとデメリットはあるのでしょうか。

ペット霊園、寺院の場合

【メリット】

1.専用の供養施設
ペット霊園や寺院では、ペットのための専用の供養施設が整っています。そのためペットにふさわしい最後のお別れを行うことができます。

2.伝統的な儀式
寺院では伝統的な仏教の儀式や読経が行われます。これらの儀式は、ペットの魂を安らかに虹の橋に送ることができるでしょう。

3.専門のサポート
ペット霊園や寺院では、専門のスタッフや僧侶が飼い主さんをサポートしてくれます。悲しみを共有し、癒しを提供してくれるでしょう。

4.長期的な供養
定期的な法要や供養が行われるため、ペットの霊を長期間にわたって追悼することができます。

【デメリット】

1.費用面
ペット霊園や寺院での葬儀は、一般的に他の方法よりも費用が高くなる傾向にあります。施設利用料や儀式の費用などがかかるため、予め予算を考慮する必要があります。

2.距離の制約
ペット霊園や寺院は限られた場所にあります。そのため、移動や交通の手段が必要となります。特に遠方にある場合は、体の不自由な方やご高齢の方などはアクセスが難しいかもしれません。

3.宗教的な制約
寺院での葬儀では、仏教の教えに基づいた儀式が行われます。宗教的な背景や信念に合わない場合、他の選択肢を検討する必要があります。

4.手続きの煩雑さ
葬儀の手続きや手配には時間や労力がかかる場合があります。特に伝統的な儀式を行う場合は、手続きがより煩雑になる場合があります。

  • 【こんな飼い主さん向け】
    ペット霊園や寺院でのペット葬儀を選択する方は人と同じように、形式を重んじて葬儀を執り行いたい方、一箇所で全ての儀式を執り行いたい方に向いているでしょう。

訪問ペット火葬の場合

【メリット】

1.利便性
自宅やお気に入りの場所で火葬を行うことができるので、飼い主さんとペットにとってストレスの少ない環境で最後のお別れをすることができます。

2.時間の節約
火葬炉を搭載した車両が自宅に訪れるため、火葬を待つ時間や移動時間を節約することができます。

3.プライバシーの保護
自宅で火葬を行うことで、他の人々の目を気にせず、ペットとの静かな時間を過ごすことができます。

4.家族の参加
家族全員でペットの最後を見送ることができるため、共にペットにお別れを告げることができます。

【デメリット】

1.感情的な負担
自宅での火葬は、飼い主さんの感情的な負担が大きいことも。ペットの最後を目の前で見ることになるため、お別れの痛みがより強くなる場合があります。

2.環境への配慮
火葬炉を使用することで、環境に与える影響が懸念される場合があります。排気や煙の問題が発生する可能性があるため、周囲の環境に配慮する必要があります。

3.場所の制約
自宅の庭やマンションなどで火葬を行う場合、設置場所や法的制約がある場合があります。施設の利用に制限があるかどうかを事前に確認する必要があります。

  • 【こんな飼い主さん向け】
    自宅でゆっくりとペットとお別れをしたい方や、遠方に出掛けるのが難しい方、仕事などの関係であまり時間をかけることができない方に向いているでしょう。

府中のペット霊園と訪問ペット火葬ならどちらが安い?

府中のペット霊園と訪問ペット火葬ならどちらが安い?

前述ではペット霊園や寺院、そして訪問ペット火葬のメリットとデメリットについてご説明しました。では葬儀にかかる費用については一体どちらが安いのでしょうか。

ここでは東京都府中市にあるペット霊園の葬儀費用と、訪問ペット火葬を運営する企業の一つ『よりそうペット葬』との葬儀費用を比較しました。

ハムスターなどの小動物
合同火葬個別一任火葬個別立会火葬
府中市のペット霊園8,000円22,000円44,000円
よりそうペット葬7,980円15,400円17,600円
猫・超小型犬
合同火葬個別一任火葬個別立会火葬
府中市のペット霊園16,000円33,000円55,000円
よりそうペット葬18,700円22,000円24,200円
小型犬
合同火葬個別一任火葬個別立会火葬
府中市のペット霊園20,000~26,000円33,000〜40,000円55,000〜62,000円
よりそうペット葬22,000円25,300円27,500円
中型犬
合同火葬個別一任火葬個別立会火葬
府中市のペット霊園33,000円45,000円67,000円
よりそうペット葬27,500円30,800円33,000円
大型犬
合同火葬個別一任火葬個別立会火葬
府中市のペット霊園41,000円52,000円74,000円
よりそうペット葬42,900円46,200円48,400円
超大型犬
合同火葬個別一任火葬個別立会火葬
府中市のペット霊園52,000円以上59,000円以上81,000円
よりそうペット葬62,700円66,000円68,200円

※上記金額は税込み表記

全体的に府中市のペット霊園よりも、よりそうペット葬の方が費用面は安い傾向にあります。よりそうペット葬では上記の金額に骨壺(骨袋)、遺骨カプセル、お供え用のお菓子がセットとなった金額となり、追加料金や出張費用は発生しません。

一方、府中市のペット霊園では2年間納骨堂を無料で利用することが可能です。また四十九日を目途にお焚き上げをしてくれたり、毎日僧侶による朝夕の読経が行われたりするそうです。

私たち人と同じような葬儀をペットにもしてあげたいという希望があれば、ペット霊園でお願いするのがよいのかもしれませんが、少しでも費用を抑えたい方や、自宅供養が希望であれば訪問ペット火葬の「よりそうペット葬」を検討してみてもよいかもしれません。

ペット火葬を依頼するときの注意点

ペット火葬を依頼するときの注意点

ペット火葬を依頼するとき、ペット霊園や寺院、訪問ペット火葬でそれぞれ注意すべき点があります。

ペット霊園や寺院の場合

ペット火葬をペット霊園や寺院で検討する場合は、施設の状態をきちんと確認することをおすすめします。清潔で安全な施設であるか、ペットのご遺体を飼い主さんの元へ運んでくれて最後のお別れの時間を設けてくれるか、そして遺骨の受け渡しを行ってくれるかも重要です。
また料金についても注意が必要です。場合によっては追加料金が発生する場合があるため、事前に確認しておくようにしましょう。
さらに、通いやすさも考慮すべきポイントです。定期的にお参りに行く予定がある場合は、霊園の立地やアクセスが便利かどうかを確認しましょう。

訪問ペット火葬の場合

訪問ペット火葬では、安全性を確保するためにも、最新の火葬炉を使用しているのかをチェックしましょう。また、火葬する場所の選定にも配慮が必要です。近隣住民への配慮や影響を考慮し、慎重に場所を選ぶことが求められます。
さらに、火葬車の外観もチェックすべき点です。火葬車が他人からわかりやすい外観でないことを確認し、近隣住民からの不安や苦情を避けるためにも、目立たないデザインの火葬車を選ぶことが望ましいです。

府中市でもペットの遺体を引き取ってはくれるが…

府中市でもペットの遺体を引き取ってはくれるが…

基本的に飼い主さんがいるペットの場合は、民間企業に葬儀を依頼することが一般的ですが、各自治体(市役所)でペット火葬を依頼することができます。

東京都府中市の場合は、生活環境部資源循環推進課が1体4,000円で引き取りを行い、合同火葬を執り行ってくれます。ただし、遺骨の返却は行っていませんので注意が必要です。

「なるべく費用は最低限にしたい」「お骨の返骨は必要ない」という方であれば、自治体の引き取りでもよいのかもしれません。しかし家族同然に過ごしてきたペットとのお別れ方法が、果たしてこれでよいのかを今一度、よく検討することをおすすめします。

まとめ

【東京都府中市】府中でペット火葬を探すならどこ?まとめ

本記事では、東京都府中市でペット葬儀を依頼する際、気を付けるべき点や参考にしていただきたい点をまとめました。

ペット霊園と訪問ペット火葬は、いずれもペットとの別れを尊重し、心を込めて行われる方法です。ペット霊園は、施設の整備や定期的なお参りに適しており、ペットとの思い出を大切にしたい方や供養を継続したい方に適しています。

一方、訪問ペット火葬は、火葬炉の状態や火葬場所の配慮が必要ですが、ご高齢の方や移動が難しい方、または家族で最後の別れを行いたい方に適しています。

どちらを選ぶにしても、ペットとの最後のお別れを安心して行うためには、事前に慎重な検討と適切な情報収集が必要です。

よりそうペット葬では、24時間365日専任スタッフがペット葬儀に関するご相談や見積りなどを行っています。少しでも悩まれているのであれば、ぜひ一度お問い合わせくださいね。

お客様の声

  • 細やかな気配りをありがとうございました

    細やかな気配りをありがとうございました

    忙しい時期でありながらこちらの希望を聞いてくださり、大変感謝しております。 四十九日にもご丁寧にお手紙をいただき、細やかな気配りに感心いたしました。 また機会あれば、お世話になりたいと思っております。 ありがとうございました。 [続きを読む]

ペット葬儀に関するコラム

  • ハリネズミが死んだら火葬?それとも土葬?お別れの仕方について

    ハリネズミが死んだら火葬?それとも土葬?お別れの仕方について

    SNSを中心にその愛らしい姿が注目され、2010年代からペットとして人気を集めたハリネズミ。 ちょこちょこと一生懸命歩き回る姿に心を奪われ、ハリネズミをお迎えした方も多いのではないでしょうか。 そんなペットとして飼われているハリネズミの寿命は約5〜10年といわれ、いつかはお別れをする日がやってきます。そのとき、大切な家族であるハリネズミの最後の旅路をどのように選択するかも重要なポイントの一つとなります。 本記事では、火葬や土葬などの供養方法についてまとめました。いつかは訪れる愛するハリネズミとのお別れについて一度考えてみませんか? ハリネズミが亡くなる前兆は? ハリネズミが亡くなる前兆はさまざ [続きを読む]

  • うさぎの葬儀はどうする?亡くなる前兆や火葬料金について

    うさぎの葬儀はどうする?亡くなる前兆や火葬料金について

    やわらかい毛並み、ぷるぷるとしたしっぽ、お鼻のY字におめめがクリクリ。そんな愛くるしいうさぎは、見ているだけで癒されますよね。 近年動物のうさぎをペットとして飼う人が増えているといわれています。初めてうさぎを飼ってその可愛さに魅了された人も多いのではないでしょうか。 そんなうさぎの平均寿命は7〜8年ほど。いつかはお別れする日がやってきます。 うさぎも家族同然。だからこそ、亡くなった後は適当にお別れをするのではなく、きちんと供養をしてあげたいですよね。 でもどのように供養をしてあげればよいのか、実際よくわからない方も多いかと思います。本記事ではうさぎの葬儀方法について詳しく解説。亡くなる兆候や火 [続きを読む]

  • 亀が亡くなったら火葬はできるのか?火葬から埋葬方法について

    亀が亡くなったら火葬はできるのか?火葬から埋葬方法について

    ゆっくりとのんびり動く亀。 その姿にたくさん癒された飼い主さんも多いのではないでしょうか。 亀の平均寿命は約20~30年といわれており、一般的なペットよりも長寿として知られています。なかには40年ちかく生きる個体もあり、一緒に生活を共にする家族としては最適といえるでしょう。 しかし亀もいつかは死にます。そのときどのようなお別れ方法を行いたいですか? 本記事では亀が亡くなった際の安置方法から、葬儀や供養方法、また火葬後に甲羅が残るのかなどの疑問までを詳しくご紹介します。 亀が亡くなる前兆に起こす行動 亀が亡くなる前兆には、以下のような行動が見られることがあります。 ・食欲の低下 いつもに比べて食 [続きを読む]

  • フェレットが死んだら土葬?それとも火葬?葬儀方法や費用面について解説

    フェレットが死んだら土葬?それとも火葬?葬儀方法や費用面について解説

    人懐っこくて愛らしいフェレット。 「クククククッ!」と嬉しそうに歩く姿は見ているだけで微笑ましく、私たちの心を癒してくれます。 そんなフェレットと共に過ごす時間は犬や猫よりも短く、心の準備ができないままお別れをすることになった方もいるかもしれません。 「あのときこうしてあげたら…」と後悔する前に、心の準備をしておきませんか? 本記事では、フェレットが亡くなったときの葬儀方法から費用面について詳しく解説します。 大好きなフェレットを看取る エキゾチックアニマルに属するフェレットの平均寿命は、約5〜11年といわれています。3〜4歳頃になると老年期に差し掛かり、その時期から腫瘍性疾患にかかる個体が多 [続きを読む]

ペット図鑑

    記事が見つかりませんでした。